ブラック企業だけではなかった!“命を落としやすい職場”の条件5つ

仕事量を決める権限や人間関係にも原因あり!?

 研究者によれば、労働が週40時間を超えたあたりから、多くの人はストレスが激増していき、睡眠やリラックスの余裕がなくなっていくんだとか。現代のビジネスマンで、この基準をクリアできている人は、かなりの少数派ではないでしょうか。  さらに、ビジネスマンの命を削るのは「長時間労働」だけではありません。ここ数年の調査では、もっと悪影響の大きい要素がわかっています。  2016年、スタンフォード大学のジェフリー・フェファー教授が、興味深い研究を行いました。過去に出た「仕事と健康」に関する228件の研究データから質の高いものだけを選び、「体を壊す職場の条件」について分析したのです。  それぞれのランキングを見ていきましょう。 ▼早死にの確率を高める要素トップ5 【1位】仕事の権限の少なさ 【2位】仕事がない 【3位】保険システムがない 【4位】長時間労働 【5位】仕事による家庭の不和 ▼メンタルを病む要素トップ5 【1位】仕事による家庭の不和 【2位】仕事がない 【3位】仕事の責任が重すぎる 【4位】組織内の不公平 【5位】業績が不安定 ▼病気の発症率を上げる要素トップ5 【1位】仕事による家庭の不和 【2位】仕事がない 【3位】業績が不安定 【4位】仕事の責任が重すぎる 【5位】仕事に関する権限の少なさ  もちろん長時間労働も問題ですが、全体的に見れば、自分で自由に仕事をコントロールできるかどうかや、ハードワークによる人間関係の悪化などのほうが、ビジネスマンの寿命は削られていくようです。
次のページ 
仕事で命を落とすビジネスマンの特徴とは
1
2
3
一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書

13キロのダイエットに成功した作者が語る

PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right