盛り上がりを見せるタイのサッカー界。ブームを支えるサポーターたち

高田胤臣

タイ人サポーターたちが掲げたタイ代表の巨大フラッグ

 プーミポンアドゥンヤデート国王陛下の崩御で揺れるタイ。スポーツではサッカー人気が熱いタイにもプロリーグ「タイ・リーグ(PLT)」があるが、運営側は国王への哀悼の意を示すため、いち早く残っている今シーズンの全試合の中止を決定した。

 そんなタイで、先月6日、ワールドカップ・アジア最終予選として、バンコクでタイ代表と日本代表の試合が開催された。あれから1ヶ月半、改めてタイのサッカー代表の実力を現地在住のサッカー関係者2人に聞いてみた。

 前回は、タイリーグを巡る現状とタイ特有の事情による育成環境の違いについて焦点を当てたが、今回はリーグを支える観客という面から見てみたい。

 インタビューに応じてくれたのは、PLTの人気チーム「チョンブリFC」でマネージメントを担当していた小倉敦生氏と、タイ発で唯一の日本人向けPLT情報サイト「SAMURAI×TPL」の代表、浜崎勇次氏だ。

 小倉氏は長年PLTに関わり、実父は日本サッカー協会第12代会長の小倉純二氏である。浜崎氏は、Jリーグを除いて最も日本人選手が多く活躍するプロリーグであるPLTの情報を2011年から提供しており、サッカーファンだけでなく選手や関係者も注目するサイトを運営している。

 タイサッカーと日本サッカー双方を知る2人が語る、タイサッカー界の将来性とは?

次のページ 
タイリーグを支えるサポーターたち

1
2
3
4
5
関連記事
6
7