フィリピンの「ダーティ・ハリー」の中ロへの歩み寄りを警戒するアメリカ

白石和幸

photo by King Rodriguez/Presidential Communications Operation Office(CC0 PUblic Domain)

 フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領の挑発的な暴言が物議を醸している。

 まず、ロドリゴ・ドゥテルテとはいったい何者なのか、興味を引かれる所である。ドゥテルテは人口140万人のダバオ市の市長を22年間務めた人物である。彼の市長としての業績で注目されるのは犯罪の著しい減少である。また、少数の先住民ルマドとイスラム社会の権利を認めたことも彼の業績である。(参照:『LA INFOMACION』)

次のページ 
上院諮問委員会で出たきな臭い噂

1
2
3
4
4
5
関連記事
6
7