Googleが新たな人工知能翻訳サービス発表……エラー平均60%減少

photo by Google

 Googleが人工知能技術であるディープラーニング(deep-learning:深層学習)技術を、翻訳サービスに活用開始した。今回使われているディープラーニング技術は、囲碁プログラム「アルファゴ(alphaGo)」に使用された汎用人工知能(AGI)アルゴリズムと同じものだという。

 海外専門誌などによると、Googleは27日、「Googleニューラルマシン翻訳」(GNMT)システムを利用した翻訳サービスを開始すると発表した。同日は、Googleがインターネットで機械翻訳サービスを開始してから10周年になる日。既存のサービスは、「フレーズベースマシン翻訳」(PBMT)システムを利用したものだった。

 Googleは、GNMTを人が直接監修した結果、既存のPBMT翻訳に比べエラーが平均60%、言語に応じて58%(英語、中国語)から87%(英語、スペイン語)まで減少したと明らかにした。これは、ウィキペディアやニュースサイトから抽出したサンプル文章を翻訳した結果だ。

次のページ 
英語、中国語は提供開始、近日中に他言語も

1
2
ドローンの衝撃

ドローンに関する基礎的情報をいっきに紹介

4
5
関連記事
6
7