イーロン・マスクの「火星移住計画」の全貌が明らかに。2020年代には1人2000万円で火星に!?

構想も宇宙船も巨大!

 構想も壮大なら、それを実現するためのロケットと宇宙船もまた巨大である。Interplanetary Transport System(惑星間輸送システム)と名付けられたそれは、最大直径は17m、全長は122m。アポロ計画で使われた人類史上最大のロケット「サターンV」よりもさらに大きい。宇宙船には100人もの人間、それも長期間にわたって厳しい訓練を受けた宇宙飛行士ではなく、簡単な訓練を受けただけの一般人が乗る。宇宙船は地球と火星を往復して人や物資をピストン輸送する。 ⇒【画像】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=112022

打ち上げを待つ惑星間輸送システム Image Credit: SpaceX

 さらに、マスク氏の構想は火星に文明を築くということだけに留まらなかった。講演の最後には、この宇宙船が木星やその衛星のエウロパ、土星やその衛星のエンケラドゥスへ飛行する想像図を示し、太陽系のさまざまな天体へ行けることをアピールした。この巨大ロケット・宇宙船に「惑星間輸送システム」という名前が付けられた理由がそこにあった。 ⇒【画像】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=112023

木星の衛星エウロパに着陸した惑星間輸送システム Image Credit: SpaceX

 その一方で、実現に向けた新技術の開発を続けていることや、コスト計算、開発資金の調達方法なども明らかにし、スペースXにとっては決して夢物語ではなく、あくまで現実的な検討に基づく計画であることを強調した。
次のページ 
火星移民を実現させるために必要な4つの鍵
1
2
3
4
5
6
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right