ソフトバンク、史上最高3.3兆円で“英国の至宝”を買収した日本最大の「総合商社」

ソフトバンクショップ(photo by Kirakirameister CC BY-SA 3.0)

 総額3.3兆円でイギリスの半導体設計会社・ARM社の大型買収を成功させたソフトバンク。ARM社はスマートフォンに搭載されるCPUの9割に同社の設計技術が使われているほどの超優良メーカーだが、ソフトバンクの孫正義社長はたった2週間の買収交渉で”金の卵”を手に入れた。

 ソフトバンクはニュースには事欠かない企業だが、いろいろやりすぎていて実態の掴みにくいのも事実だ。そもそも本業は何なのか。

 有価証券報告書から、手がけている事業別の売上高を調べても通信事業、スプリント事業、ヤフー事業、流通事業くらいしか出てこない。

⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=103031

ソフトバンク セグメント別売上高(10億円)

 これだけだとただのイチ通信業者だ。しかし、ソフトバンク本体の保有資産を見るとその実態が明らかになる。

次のページ 
保有資産はどうなっている?

1
2
3
4
5
進め!! 東大ブラック企業探偵団

ニッポンを救うホワイト企業はここだ!!

4
5
関連記事
6
7