任天堂、「ポケモンGO」でも動じない。自由でお公家様な社風

 同社の財務状態もそういった企業文化を反映している。  ’15年度で5000億円の売上に対して、2500億円以上の現金を保有する一方、負債総額は1300億円程度だ。 ⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=102739

任天堂の平均売上高(百万円)

 借入金などはもっと少ない。社員数はわずか5000人で、1人あたりの売上高が1億円もある。業績が悪化し続けても社員の給料はほぼ削られなかった。 ⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=102738

任天堂の平均給与(千円)

 拙著『進め!! 東大ブラック企業探偵団』では厳しくてもチャンスが与えられ、変わり続けようとする会社をホワイト企業と定義しているが、業績が悪化し続けても社員が厚遇され続ける同社はまた違った意味で、「究極のホワイト企業」とも言えるかもしれない。
次のページ 
任天堂の次なる一手とは?
1
2
3
4
進め!! 東大ブラック企業探偵団

ニッポンを救うホワイト企業はここだ!!

PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right