ドイツにハマスとヒズボラのテロリストが1250人潜伏!? イスラエル紙報じる

白石和幸

ドイツが懸念する国内でのテロ

 ヒズボラのメンバーはヨーロッパの各地域にいるイスラエル人やヨーロッパ系ユダヤ人を攻撃する為にヨーロッパを基盤のひとつとしている。ドイツには異なった国から複数の過激派分子が集まっているが、〈その数は10000人〉と推定されている。〈その多くが移民・難民の流入に混じっての流入〉と思われている。(参照:『Infobae』)  またその過激派分子にドイツに住むおよそ〈760人のドイツ人も加わった〉ことがハーグの国際センターの研究によって明らかにされていると『El Mundo』紙が報じている。(参照:『El Mundo』)  ハマスとヒズボラ以外に、ドイツ政府が恐れているのは、ISがシリアとイラクでこれまで支配していた地域から大きく後退を余儀なくさせられている関係から、彼らは攻撃の鋒先をヨーロッパに向けていることである。彼らが恐怖の存在であることを知ら示すべくトルコのイスタンブール空港で起きたような自爆テロを行なう可能性が高まっているということである。その安全対策として、ドイツは防犯カメラで捕らえた人物の顔をコンピューターで解析してテロリストがどうかを判断するシステムも採用していることも公になっている。
次のページ 
テロリストのせいで移民への感情も悪化
1
2
3
関連記事