10年で地価20倍、100坪で地価10億円。最貧国バングラデシュの不動産投資が持つ可能性

急成長するバングラデシュ。足りないものは?

 もともと人口密度の高かったバングラデシュ。そこで経済成長率が右肩上がりで、グルーバル企業が[進出し、貧困率が低下し、平均年齢もまだ若いという状況になっている。  そんなわけで、何が足らないかというと、住む場所や土地が足らない……となるわけである。  住宅不足を受けて、政府は川などを埋め立てて、それを抽選で現地のバングラデシュ人へ安く売り渡している。そしてそのバングラデシュ人達が、そこそこの値段を載せて、転売をするというわけである。だから、まだ道路も何もない場所でも100坪で5000万円以上するのだ。しかし、その場所から車で5分ほど行けば、100坪で3億円近い街が広がっているので無理もない。  私はある一人のバングラデシュ人を取材した。彼、A氏はバングラデシュの産業の一つであるIT企業を経営している。しかし、彼の精神的余裕を担保しているのは不動産事業であると言う。 「私はIT事業で従業員を100人ほど抱え、CGの制作などを請け負っています。しかしその本業よりも圧倒的に利益をもたらしているもの、それが不動産です。2008年に3000万円で購入した土地が現在は3億円になり、 1700万円で購入した土地は7000万円になったのです」  さらにそのIT企業の入る8階建のビルも自社ビルだと言う。  下記の写真はそんな彼の土地や彼が持つ不動産の写真だ。  実はこのようなバングラデシュ人はたくさんいる。農地を海外のメーカーに工場用地として売却するだけで1億円近いお金を手にして、ダッカ中心部へ引っ越す農民も多い。そして、その不動産がまた上昇するのである。
次のページ 
バングラデシュ投資のリスク
1
2
3
4
5
6
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right