10年で地価20倍、100坪で地価10億円。最貧国バングラデシュの不動産投資が持つ可能性

バングラデシュのショッピングモールの様子(撮影:上沢ちひろ)

 日本人7名が殺害されるという痛ましいテロ事件が起きたことが記憶に新しいバングラデシュ。亡くなられた被害者の方には謹んで哀悼の意を表したい。
 ネガティブなイメージが付いてしまったバングラデシュだが、国としては「アジア最貧国」と呼ばれて久しく、現在の平均年収は10万円ほどだ。日本から直行便すらなく、ほとんど語られることのない国であった。

 しかし、そうした事実を踏まえても、バングラデシュには、国および不動産投資が本来持っている可能性が秘められていることは知られていない。

 下記の動画は私が現地を取材した動画である。バングラデシュの町並みが良く分かるかと思う。

⇒【動画】<上沢レポート>バングラデシュ投資情報「街並み編」 http://youtu.be/2m3LyMdSUxk

 さて、こんなバングラデシュの町並みだが、現在のバングラデシュの不動産の値段やその上昇率を聞けば、驚くに違いない。

次のページ 
急騰するバングラデシュの地価
1
2
3
4
5
6
4
5
関連記事
6
7