銀座の名所「資生堂パーラー」が体現する企業文化の歴史

資生堂パーラー

資生堂パーラー公式HP

なぜ化粧品の資生堂が飲食店を経営?


 資生堂パーラーは資生堂の子会社で洋食・喫茶店の運営や洋菓子の販売を行っています。1902年に銀座の資生堂薬局内に開設されたソーダ水やアイスクリームの製造販売を行う「資生堂ソーダファウンテン」がその起源です。

 1928年には「資生堂アイスクリームパーラー」と改称し、本格的な洋食レストランも開業、多くの定番メニューを考案して、洋食の草分け的存在となり、川端康成や太宰治、三島由紀夫などの小説にも繰り返し登場する銀座の名所にもなりました。

 そもそも、なぜ化粧品の資生堂が飲食店を経営しているのか、資生堂自体の歴史から見てみたいと思います。元々、資生堂は1872年に、漢方医の家に生まれ西洋薬学を学んだ福原有信が、民間初の洋風調剤薬局として銀座に開業したことに端を発しています。

第20期決算公告:3月22日官報82頁より
当期純利益:2億1900万円
利益剰余金:9300万円
過去の決算情報詳しくはこちら http://nokizal.com/company/show/id/1673817#flst

次ページ従来製品の10倍の値段の高級歯磨きがヒット


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円、101円台超えず手前でのレンジ相場

昨日のドル円は100.297円で取引を開始した後、東京市場は秋分の日のため休場となりました。市場参加者が少なく薄商いの中、21日の米利上げ見送りによる円高・ドル安の流れを引き継ぎ、100円台前半での狭いレンジ相場となりました。午後に入ると浅川雅嗣財務官が円相場について「いつも以上に注意を払… [続きを読む]