ディズニー本社CEOも激賞――「TSUM TSUM」で日本法人の業績絶好調

【2016年3月前半】注目の非上場企業の決算まとめ


 3月前半の注目の非上場企業の決算をまとめました。「ツムツム」のウォルト・ディズニー・ジャパン、「俺の」シリーズの俺の株式会社、総工費5億円「デカスラ」の東京サマーランドなど、ユニークな企業戦略は、それぞれ見ていて面白いですね。

ディズニーストア公式HP

ディズニーストア公式HP

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 3月3日官報157頁より

 ウォルト・ディズニー・ジャパンは、日本においてウォルト・ディズニー・スタジオ、マーベル・スタジオ、ルーカスフィルム作品等の配給とビデオソフトの発売、米国法人が保有するキャラクターなどを用いたマーチャンダイジング活動などを展開している会社です。ちなみに、東京ディズニーリゾートはオリエンタルランド(京成電鉄グループ)によるライセンス運営なので、ディズニーグループは米国法人も含め、資本上の関係はありません。

 最近では、同社発の積み上げて楽しめるディズニーストアのぬいぐるみ「TSUM TSUM」シリーズと、同キャラクターをテーマとしたスマホゲーム「LINE:ディズニー ツムツム」が、世界累計2000万個、「LINE:ディズニー ツムツム」は世界累計5,500万DLを突破するなど、大人気です。

 なお、ディズニー本体のCEO、ロバート・アイガーが来日した時「TSUM TSUM」のアイデアを聞くやいなや、突然ドン!と机を叩いて「本当に嬉しい!こんなにクリエイティビティの高いものを考えてくれて。I love this company!」と言ったとか。さすがリアクションもディズニーっぽいですね(笑)。

売上高:1262億6100万円
経常利益:106億6000万円
当期純利益:69億4600万円
利益剰余金:208億1000万円
過去の決算情報詳しくはこちら http://nokizal.com/company/show/id/1132442#flst

次ページ「俺のフレンチ」の原価率は60%超!


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ショック相場が落着き102円台後半まで回復

昨日のドル円は101.971円で取引を開始した後、東京市場の午前においては、日経平均株価が節目である15,000円割れを試したことで、日通し安値となる101.55円近辺まで円買いが進みました。その後、経済財政諮問会議で安倍首相は「市場を注視して細心の注意を払う」と述べたほか、黒田総裁は日銀… [続きを読む]