ディズニー本社CEOも激賞――「TSUM TSUM」で日本法人の業績絶好調

平野健児

「俺のフレンチ」の原価率は60%超!

俺の株式会社 3月7日官報91頁より  俺の株式会社は、ブックオフの創業者・坂本孝氏が、2007年にブックオフを退社した後、2009年にバリュークリエイトを設立して飲食業に参入、当初は焼き鳥屋等で苦戦したものの、2012年に開業した「俺のフレンチ」をはじめとした「俺の」を冠する飲食店業態が好評を博したため、2013年に現社名に変更、2015年10月現在は「俺の」シリーズは30店舗以上展開されています。 「俺の」シリーズは、一流レストランで腕をふるっていた料理人を招聘し、高級食材を使いながらもリーズナブルな価格で料理を提供、人気を得ています。それが可能になったのは、立席をメインとすることで、客の収容数を高めると同時に回転を速め、薄利多売(ドリンク含む)モデルを実現したためです。  平均原価率が25~30%の飲食業界にあって、俺のイタリアンでは40%以上、俺のフレンチでは、なんと60%以上(中には100%を超える商品も)を費やしても利益が出るモデルというのは驚異的ですね。 当期純利益:8691万円 利益剰余金:1億6134万円 過去の決算情報詳しくはこちら http://nokizal.com/company/show/id/1672764#flst
次のページ 
ジョブズのサンダルメーカー日本法人、利益は下落傾向
1
2
3
関連記事