秋田書店は昭和ベンチャーの象徴――手塚治虫を復活させた『少年チャンピオン』の創刊秘話

あの宮崎駿にも影響を与えた、創業期の凄い看板作家


 秋田書店は1948年創業の「週刊少年チャンピオン」等で知られる出版社です。出版社としては、少年少女向けコミックや青年コミックに分野を絞って、一定のファンを地道に抑えているイメージがありますね。

全盛時代の『少年チャンピオン』。実に豪華な連載陣である。1978年4月17日号(秋田書店)

 創業者の秋田貞夫(ていお)は小学館、朝日新聞社などを経て、39歳の時に秋田書店を設立しています。創業当初は児童向け単行本を中心に社長自らリヤカーで本屋を回って売っていたようですが、やがてその中から絵物語「コングの逆襲」「新バグダッドの盗賊」といったヒット作品が生まれます。

 そして、それらの成功を受け、秋田は児童向け雑誌に進出します。当時は戦後の創刊ラッシュでライバルも非常に多い状況でしたが、1949年に創刊した「少年少女冒険王」は創刊号から売れに売れ、1953年には部数55万部を突破「少年(光文社)」「少年クラブ(講談社)」「少年ブック(集英社)」「漫画少年(学童社)」などと並ぶ人気漫画雑誌になります。

 その躍進を雑誌の看板作家として支えたのが、秋田が小学館時代から担当していた、絵物語作家の福島鉄次でした。特に「冒険王」に連載された「沙漠の魔王」は四色カラー16ページという豪華な体裁に盛り込まれた異国情緒あふれる背景世界と、その荒唐無稽な冒険活劇のストーリーで、終戦直後の少年たちの心を見事に捉えました。

 かの宮崎駿もその1人で、例えば「天空の城ラピュタ」に出てくる有名な「飛行石」の元ネタもこの作品だったりします。アメコミを思わせるグラフィック面でも、ターバンやマントの感じや武器の描写など、どことなく「風の谷のナウシカ」の雰囲気も感じられますよね。

次ページ当時の漫画には「単行本化」の概念がなかった!?


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

英国民投票を迎え大荒れの展開

昨日のドル円は104.561円で取引を開始した後、世論調査で残留支持が離脱支持を相次いで上回ったことが報道されポンド円が急伸しました。ドル円もつれて104.95円近辺まで上昇しましたが、105円台に乗せることができず徐々に値を切り下げました。東京市場においては、日経平均株価が一時前日比マイ… [続きを読む]