女子向け「餃子の王将」開店。いわゆる男子向け「餃子の王将」とどう違う?

GYOZA OHSHO

オープン当日、店前の様子。混雑していたため、残念ながら撮影はここまで


 3月3日に京都・烏丸御池に開店した“女子向け”餃子の王将「GYOZA OHSHO」 烏丸御池店。開店前から話題を呼び、オープン以来、多くの人で賑わっている。

 しかし、餃子の王将といえば文字通りで“餃子”がウリで、ニンニクたっぷりな餃子は“女子向け”には、なりにくい気も……。「ジャパニーズカジュアルをコンセプトに、女性がより多く入店しやすいような店舗創りを目指しました」という王将フードサービスの王将女子チームに、いわゆる“餃子の王将”との違いを聞いてみた。

店内は、バルスタイルをイメージした空間が広がる


「餃子の王将」直営1号店

四条大宮にある開店当時の「餃子の王将」直営1号店

 オープンの1年前から構想があったという“女子向け”餃子の王将「GYOZA OHSHO」。出店のきっかけは、やはり“男子向け”というイメージからの脱却にあったという。

「人口の半分は女性ですが、弊社の客層は男性が多いという現状があります。そこで、女性にも来ていただける店を作ろうと考えたのが、今回の『GYOZA OHSHO』です。店内の内装は、女性の専門家にプロデュースを依頼しています」

 店舗の外には、ウッド調のスタンディングテーブルを設置し、店内には「バルスタイルをイメージした」という空間が広がる「GYOZA OHSHO」烏丸御池店。京都らしい“和”のイメージも意識しているのだろうか、基本色は墨黒で統一されている。

「従来の店舗は、ポスターなどを壁に貼り、直接的な訴求効果を狙った内装になっていますが、『GYOZA OHSHO』烏丸御池店は、POPや音楽を通して、五感で感じ取っていただける店内になっています。また、女性だけでなく、あらゆるニーズに応えられるように、店舗奥には小さな個室を設け、静かで寛げる空間もご用意しています」


次ページ従来のメニューの他に、バランスの取れた女性向けメニューも展開


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は一時106円割れを試す展開

昨日のドル円は、107.373円で取引を開始した後、朝方から日本株高を見越した円売りが入りました。東京市場の午前においては、日経平均株価が250円超の上昇となったことを受けて、ドル円は目先のストップロスを巻き込み一時日通し高値となる107.49円近辺まで上昇しました。午後に入ると、日経平均… [続きを読む]