米大統領選の「トランプ人気」とは何なのか? そしてそこから何を学ぶべきか?

photo by Gage Skidmore(CC BY-SA 2.0)

 大方の予想通り、アメリカ大統領予備選の一つの山場「スーパーチュースデー」における共和党候補者選びでは、ドナルドトランプが大勝した。

 予備選が同日開催された11の州のうち、7つの州で勝利を収めたのだから、圧倒的強さと言っていいだろう。

 トランプ氏は以前から、「メキシコ国境に壁を作る」「全てのイスラム教徒の入国を禁止する」などの排外主義的な言動や、極めて野放図で下品で馬鹿げた発言で注目を集めてきた。こうした人物が予備選で圧倒的強さを見せたことは、各方面から驚きの声があがっている。日本のメディアも「なぜトランプが勝つのか?」「なぜトランプに人気が集まるのか」と、あのような人物が選挙に勝ち進んでしまうアメリカの現状をいぶかしむような論調が支配的だ。

 しかし、果たして本当に「トランプ人気」なるものがあるのか?

次ページ「トランプは圧倒的支持」なのか?


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

イエレン議長の講演を控え様子見続く

昨日のドル円は、100.294円で取引を開始した後、東京市場の午前においては、日経平均株価が80円超下落したことを受け、リスク回避目的の買いが先行し一時100.04円近辺まで下落しました。100円付近では押し目買い意欲が強かったことや、後場の日経平均株価が前日比プラス圏まで浮上すると、ドル… [続きを読む]