無害な「斑点米」のために農薬を過剰散布。「農産物規格規定」は農家にも消費者にも大迷惑

 日本人の主食として大変なじみ深いコメ。ところが、カメムシが稲もみの汁を吸うことで生じる「斑点米(着色粒)」の混入でコメの等級が落ちるため、水田に繰り返し農薬が散布されているという。

1000粒に2粒混入しただけで等級ダウン


米「カメムシの防除は、農薬の過剰使用を農家に強いている。斑点米の被害よりも、農薬散布の薬剤代の方が高い」

 そう指摘するのは秋田県大潟村のコメ農家、今野茂樹氏だ。

 コメを市場に流通させるには、農産物検査法に従って検査を通す必要がある。コメは「農産物規格規定」に従い、変形や欠け・割れなどをともなう「被害粒」や異物の混入が許容されているが、カメムシが汁を吸うことで米粒が黒く変色する「斑点米」については特に許容値が厳しい。

 1等米の場合、被害粒や異物などの上限は15%だが、そのうち「斑点米」はわずか0.1%。つまり1000粒に2粒混じっただけで等級が落ちてしまう。1等と2等の価格差は玄米60kg当たり600~1000円。米価の下落に悩む生産者には大きな差だ。

 そのため、農家はカメムシによる斑点米が出ないよう、田んぼに殺虫剤を散布することになる。とりわけネオニコチノイド系農薬は、ミツバチ大量死の原因ではないかと疑われ、さらに人への健康被害も懸念されている。

有機農家「農薬はカメムシの天敵まで殺してしまう」


 そもそも農薬散布によるカメムシ防除は効果があるのか。栃木県野木町の有機稲作農家、舘野廣幸氏は「多くの水田で毎年農薬が使われているが、害虫は一向に減らない」と指摘する。そればかりか「農薬が害虫を増やしている」と言い切る。

舘野廣幸氏

「農薬を使わない有機栽培でカメムシは大発生しない」。11月5日に都内で行われた集会(コメの検査規格の見直しを求める会主催)で講演する有機稲作農家の舘野廣幸氏

 舘野氏によれば、害虫を殺すために農薬を使うことで、害虫の天敵であるトンボ、クモ、カエルなども死ぬ。しかも「カメムシは水田の外からやってくるので意味がない」そうだ。農薬散布で天敵は減り、むしろ害虫が住みよい環境となる。

 舘野氏は「カメムシを防除するには、農薬に頼らずとも田のあぜの雑草を5cm程度に刈るだけで良い」と指摘する。

「斑点米」は食べても無害。単なる見た目だけの問題


 コメの生産者や市民らで作る「コメの検査規格の見直しを求める会」は今年6月、農産物検査法の斑点米規定をなくすよう農水省に要望。これに対して同省生産局長は「斑点米の規格は消費者のニーズによるもの」と答え、見直す考えを否定した。

 このように非常に厳しく設定されている斑点米規定だが、輸入米については1%、つまり1000粒につき10粒まで許容され、国産米のような等級分けもない。同会は「ダブルスタンダードだ」と批判している。

 斑点米は色彩選別機で分別でき、万一食べても無害だ。これは見た目だけの問題で、味にもまったく影響がない。市民団体「反農薬東京グループ」の辻万千子氏は「国民の知らないところで制度が作られている」と話す。わずか0.1%のコメの”見た目”のためだけに、農薬が過剰に使われている。私たちは食を支える農業の実情に、もっと関心を持つ必要がありそうだ。<取材・文/斉藤円華>


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

イエレンFRB議長の発言に注目

昨日のドル円は、100.405円で取引を開始した後、東京市場においては、ゴトー日(5・10日)の仲値公示を控えて円売り・ドル買いが先行しました。前日のNYタイムにつけた高値である100.61円近辺を上抜けられないことが確認されると、100.39円近辺まで下落しました。欧州市場に入ると、欧州… [続きを読む]