「舛添叩き」が衆愚の極みである理由

 にもかかわらず、朝野をあげて「舛添やめろ」の嵐である。おそらくこのままいけば、都議会自民党も、不信任決議を提出することになるだろう。都議会自民党の中にも、舛添と同じ程度に「非効率な政治資金の使用」を行っている議員は何人もいるだろうにもかかわらずに。  叩くとなったら、根拠不明でも叩く。法令違反を犯しているわけでもないのに、政治家を叩く。たかだか百数十万の、そして百数十万レベルだからこそ「庶民感覚」なるものに近い「他人のカネ遣い」で、政治家を屠る。  こうした集団リンチ(法によらずに社会的な制裁を加えているのだから、狭義のリンチにさえ相当する)に熱狂するのも気持ち良いのだろう。しかし落ちた犬を叩いて溜飲を下げ快楽を貪っている傍で、景気対策や改憲など、極めて重要なイシューが争点となる参院選が刻一刻と近づいている。  セコいオヤジを叩いている側こそが、極めてせこいレベルに陥っているように思えて、ならない。 <文・図版/菅野完(Twitter ID:@noiehoie) 写真/東京都知事定例会見 2016年6月10日放送 via TOKYO MX on YouTube> ※菅野完氏の連載、「草の根保守の蠢動」が待望の書籍化。連載時原稿に加筆し、『日本会議の研究』として扶桑社新書より発売中
1
2
3
日本会議の研究

「右傾化」の淵源はどこなのか?「日本会議」とは何なのか?

PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right