米ビジネス界で流行拡大 “天才になれる薬”の効果とリスク

小神野真弘

ドラッグで”未知なる力”を得ようとする動きはますます先鋭化しつつある!?

 眠気を振り払い、もう一頑張りしたい。誰もが活目するようなアイデアを生み出したい。プレゼンで聴衆を惹きつける活力が欲しい……。そんな時、コーヒーやエナジードリンクに手を伸ばす習慣は過去のものになりつつあるのかもしれない。

 アメリカのビジネスパーソンの間では、15~20年前よりスマートドラッグの流行が顕著だったが、近年はリバイバルが起きつつある。

 スマートドラッグとは認知能力を強化し、創造性や記憶力、集中力を向上させるサプリメントや薬剤の総称。その定義は広く、DHA(魚油)のような食品から、リタリンやモダニフィルなどの処方箋が必要になる向精神薬までが含まれる。

次のページ 
エリートの5人に1人がスマドラ使用

1
2
3
4
4
5
関連記事
6
7