バフェット氏のアップル株は「宗旨替え」なのか?

丹羽唯一朗

photo by Bloomberg/Getty Images

 2016年5月16日、著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイがアップルの株式に初めて投資したことが、米当局への届け出で明らかになった。その投資額は、981万株で10億7000万ドルだという。(参照『Guardian』)  本サイトでは、2016年03月12日配信の「バフェット氏「株主への手紙」で米国市場を楽観視。手堅く行くなら米国株?」において、2015年12月末時点のバークシャーの投資先ポートフォリオである以下の上位5社を紹介していた。 1位:ウェルズ・ファーゴ:19.8% 2位:クラフト・ハインツ:18.0% 3位:コカ・コーラ:13.0% 4位:IBM:8.5% 5位:アメリカン・エクスプレス:8.0%  現在は、バークシャーの投資先ポートフォリオもアップデートされている。2016年3月末時点のものが最新情報であるが、以下の通り、1位と2位が入れ替わり、16位にアップルが登場した。(参照:DATAROMA1位:クラフト・ハインツ:19.9% 2位:ウェルズ・ファーゴ:18.0% 3位:コカ・コーラ:14.4% 4位:IBM:9.6% 5位:アメリカン・エクスプレス:7.2% 16位:アップル:0.83%(981万株)
次のページ 
「分からないものには投資しな」かったバークシャー
1
2
3
4
関連記事