五輪直前のブラジル、公共サービスが機能不全に陥り、政界も大統領罷免を巡り大混乱!

2016リオ五輪が決まり国旗を手にして喜ぶルラ前大統領。この時はまさかこんな状況になるとは誰も思わなかった!? photo by Ricardo Stuckert (Presidency of the Republic)/Agência Brasil(CC BY 3.0 BR)

 オリンピック開催まであと4か月を切った。  しかし、開催地であるブラジルの政治、経済、社会事情は深刻な事態にある。昨年のGDPはマイナス3.8%そして今年も同じくマイナス3%強の後退が予想されている。2年続いてのGDPマイナス成長は1930年以来だという。  それを反映してか、国民は厳しい生活に直面している。スペインの電子紙『El Confidencial』が、リオデジャネイロ市の惨状を4月12日の記事で現地から伝えている。その内容を以下に紹介しよう。

消防士が金欠でバスにも乗れず訓練まで30km徒歩で出勤

・消防隊員が、給料の未払いのせいで手持ちのカネがなく、バスにも乗れないため消防訓練の場所まで30kmの行程を歩いていくハメになった。幸い、途中16kmで仲間の車に拾われたらしいが……。 ・200の公共病院に血液を供給するHemoRio血液センターも職員が2か月分の給与の滞納に抗議して先日の日曜日の献血活動を止めた。 ・27才の同市の北部地区の貧民層を対象に医療サービスをしている医師のロレナ・メガさんによれば、ルセフ大統領の1期目は医療の家族サービスは対応できていたが、現在は病院での対処は劣化し、患者を診断はできても、その治療ができない状態にあるという。
次のページ 
警察官が副業せねばならず治安も悪化
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right