パナマ文書公開の影にソロスあり!? 世界で飛び交う「噂」と「憶測」

白石和幸

国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)のサイト

 ウィキリークスが米国の機密文書を世界の5紙を通して同時公開したのは2010年11月だ。

 エドワード・スノーデン氏による米国国家安全保障局(NSA)による個人情報収集の手口を公表したのが2013年6月。

 そして今回「パナマ文書」の発覚事件が発生して、世界はまた機密漏洩ニュースで沸き返っている。

 筆者が在住するスペインでも電子紙『El Confidencial』とテレビ局『Las Sexta』が報道権を手に入れて毎日これに関係したことを報道している。

 パナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」から機密データーが社外に流出。それをドイツの地方新聞社が匿名者から2.6テラバイトの1150万件にのぼる情報として入手。そしてその内容を世界の370人のジャーナリストから成る「国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)」が分析解明して公表した。そして公表された内容から21万5000社のオフショア企業が存在していることが判明。それに加えて世界の国家元首や政治家、文学、スポーツ、芸能などの分野の著名人が名を列ねているのがわかったのである。

 そして、欧米では一連のこの騒動について、さまざまな憶測も飛び交い始めている。その憶測の真偽はさておき、どのような話で盛り上がっているか、スペイン語圏のブログやメディアの記事を紹介しよう。

次のページ 
ICIJの背景にソロスの影、で飛び交う噂

1
2
3
4
4
5
関連記事
6
7