汚職疑惑の前大統領と現職大統領の密談が暴露! 荒れるブラジル政界

2010年当時のルセフ大統領とルラ前大統領(肩書は現在のもの)photo by Valter Campanato/ABr(CC BY 3.0 BR)

 ブラジルで汚職に絡む捜査を受けているルラ前大統領が、3月17日に官房長官としてルセフ政権に入閣した。このポストはブラジルでは首相に匹敵する任務だ。

 しかし、彼の入閣に異議を唱えるかのようにブラジリアの連邦裁判所のイダジバ・カタ・プレタ・ネト判事は、“ルラ氏が入閣すれば政治、検事職務、司法権において不当で嫌悪の干渉ができる権力をもつことになる”としてルラ氏の閣僚任命を無効とする野党からの仮処分申し立てを認めた。

 当然ながら、政府は早速その判決に異議を申し立てたものの、ルラ氏は僅かの時間に不逮捕特権を利用できる立場からペトロブラスの汚職事件を指揮しているセルジオ・モロ判事の捜査対象人物にまた戻ったのだ。(参照「HispanTV」)

 不正追及のためには元大統領の大臣であろうと手を緩めない姿勢は、どこかの国の司法に爪の垢でも煎じて飲ませたい。

 さらに、その前日の16日。ルセフ大統領がルラ氏に電話をした内容が警察によって盗聴され、セルジオ・モロ判事の許可で17日に公開された。テレビでもそれが報道されて、その内容に怒りを覚えた市民がブラジル全土で抗議をしたほど大騒ぎになった。(参照「BBC」)

 盗聴された会話は以下の様なものだったという。

次ページ「汚職追及の手が及べば使えばいい」


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は堅調

 本日のドル円は、東京市場では「中国は一部の米国製品に相互課税を賦課へ」との報道を受けたことにより、ドル安が進み一時110.07円近辺まで値を下げました。もっとも、日経平均株価が170円近く上昇したことを手掛かりにドルの買い戻しが強まり、ドル円は一時110.57円近辺まで値を上げました。欧… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「頑張りたくない」平成生まれ女子とマッチングするために昭和生まれ中年男性に必要な意識とは

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

20億円詐欺の「若作りおばさん」があぶり出した女の虚栄心

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

なぜ栗山英樹監督の「殺し文句」は、大谷選手を口説き落とせたのか?

清水建二

清水建二

微表情学

叱られているのにヘラヘラしている部下を、さらに怒鳴ってはいけない理由

都市商業研究所

都市商業研究所

三越のライオンが「ねこ」に!?――猫の手も借りたい!デパートで増える「ねこ系アートイベント」

安達 夕

安達 夕

韓国・文大統領の側近が有名ブロガーと接触し、世論操作した疑いが浮上。早くもまた政権交代か

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由