2015年の決算も好調なZARA、次に目指すは「ホワイト企業」!?

NYに大型店舗開店。ユニクロとの競争激化も

 昨年、インディテックスは56カ国で330店舗を新たに開設した。今後も中国とロシアでの販売拡大に力を入れ、米国市場も店舗を増やしていく計画だ。今年3月にはニューヨークのソーホーに4400平方メートルの店をオープンした。これで〈ニューヨークには8店舗を数え、米国全土で71店舗を構えることになった〉ことになるという。ちなみに、今回ニューヨークに開店したZARAのフラッグショップは〈1878年に建てられた建物の中にある〉そうだ。(参照「El Pais」)。  スペインの3月3日付『El Mundo』紙は〈この開店でZARAとUNIQLOの新たな競争が用意された〉と囃し立てている。それもそのはず、ユニクロはそこからひと区画離れた所にあるというのだ。  ユニクロのスペイン進出といい、世界的なファストファッションブランドの競争はスペインメディアのみならず世界の注目を今後も集めそうだ。 <文/白石和幸 photo by FCB> しらいしかずゆき●スペイン在住の貿易コンサルタント。1973年にスペイン・バレンシアに留学以来、長くスペインで会社経営する生活。バレンシアには領事館がないため、緊急時などはバルセロナの日本総領事館の代理業務もこなす。
しらいしかずゆき●スペイン在住の貿易コンサルタント。1973年にスペイン・バレンシアに留学以来、長くスペインで会社経営から現在は貿易コンサルタントに転身
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right