牧之原市が「人工波施設」構想を発表。世界の人工波はこんなに凄い!

photo by Zak Suhar(CC0 Public Domain)

 東京五輪サーフィン会場の誘致を目指して、静岡・牧之原市が「ウェーブプール建設構想」を明らかにした。  まだ正式にIOCから承認されていないので、正直なところ東京五輪でサーフィンが種目として採用されるかどうかは未定だが、仮に東京五輪で正式決定したとしたら、問題なのは「波」の問題だ。

牧之原市HPより

 通常、サーフィン競技では、技術もさることながら、自然のものである良い波を取る選択眼や戦略、あるいは「運」も勝負を大きく分ける要素になっており、そうした駆け引きや「ヒキ」の強さもまた見どころなのだ。また、競技ではなくても大自然の中でやることはサーフィンというスポーツの魅力の一部なのは言うまでもないだろう。  しかしながら、2020年東京五輪の開催期間は2020年7月下旬~8月初旬。この時期は日本でもっともサーフィンに適したシーズンである台風シーズンと違い、太平洋高気圧に覆われるため波がないことが多い。なにせ相手は大自然。五輪開催期間中に都合よく波が立つかどうかは微妙なところだ。  せっかくサーフィン競技が五輪開催となっても、ショボショボのスモールウェーブでは、競技者としてもモチベーションは下がるし、観る側も面白くない。  そこで、人工波を生じさせるウェーブプールが注目を集めているのだ。ウェーブプールであれば、全選手がほぼおなじ条件で技を披露できるため、採点基準がただでさえ複雑なサーフィン競技を初めて見る人でも、ある程度わかりやすさも確保できるというメリットもある。  そして今、世界ではこのウェーブプールのビジネスに参入する人、企業なども増えつつあるのだ。  果たしてウェーブプールにはどのような波が立つのか。
次のページ 
世界のウェーブプールはこんなに進んでいる!
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right