英語力強化のための動画配信サービス活用法

photo by RyanMcGuire(CC0 Public Domain )

 英語学習に関する書籍、ネット情報などをみていくと、シャドーイングが英語学習、とりわけ、リスニングの王道であるというコンセンサスが出来上がっているように思える。特に海外在住経験などはないがTOEIC900点をスコアしたことがある筆者から見ても、そのコンセンサスには共感するところが多い。  シャドーイングとは、英文を聞いてすぐに、影(shadow)のように後から追いかけて同じ内容を口に出す練習方法で、元々は同時通訳者のための確立された訓練方法のひとつ。シャドーイングは、英語を「聞く」と「話す」を同時に行う訓練といえる。  シャドーイングの効果として、①リスニング力の向上、②発音・イントネーションの向上、③英語表現のバリエーションの向上が挙げられる。  シャドーイングをやったことが無い人は、まずは、日本語のテレビのニュースで、アナウンサーの後を追いかけて、真似て話してみるとよい。日本語も聞けなければ話せないこと、真似て話すと、標準語の発音・イントネーションをマスターし、こんな言い方もあるのかも知り、自分で使ってみることができるようになることが理解できるだろう。シャドーイングは、その英語版である。リスニングに大きな効果が認められている。

動画配信サービスを活用

 シャドーイングが英語学習の王道と言われるようになってから、英語を聞き流すだけはナンセンス、英語の映画やドラマを観るだけで英語力を伸ばすというのは都市伝説とも言われている。  しかし、最近は英語の映画やドラマをオンデマンドで安価で観られる環境が整ってきたこともあり、敢えて「都市伝説」に挑戦してみるというのも一興だ。  英語学習教材として、なぜ映画やドラマがいいのか? 当たり前過ぎるが、生きた英語を学べるからだ。どんな場面で、どんな表現が、どんな口の動きで発話されるのかを知ることができるのだから、これ以上いい教材はない。
次のページ 
2大動画配信サービスは結構使える
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right