iPhone 7の全貌が見えてきた!? 次世代iPhoneは、こうなる!

iPhone7_image 年が明けた。ということは、また新たなiPhoneが誕生するであろう年がきたということだ。iPhoneはいままでナンバリングが刷新されるフルモデルチェンジと、モデル名に「s」がつくマイナーチェンジを繰り返すライフサイクルとなっていた。そして昨年発売されたモデルはiPhone 6s/iPhone 6s Plus。つまり今年発表されるiPhoneは、「7」というナンバリングをつけたiPhone 7になることが予想される。  そしてアップルの特許情報やリーク情報から、iPhone 7がどのようなスマートフォンになるのか、おおよその全体像が見えてきた。

リキッドメタルを採用したボディ

 従来のiPhoneはアルミ合金ボディを採用してきた。iPhone 6s/iPhone 6s Plusには航空機・戦闘機などにも使われてきた軽量かつ高硬度な7000番台のアルミ合金が用いられている。  アップルとしてはさらなる薄型化を目指したいのだろう。iPhone 7ではリキッドメタル(液状金属)とガラスを融合させる技術が使われているとみられている。2014年の頃から噂されていた技術であり、本体の薄型化が狙えると共に、液晶とガラスの隙間をなくす設計とすることで映り込みの低減、鮮やかな色表示、タッチレスポンスの向上と、さらなるメリットも追求できる。
iPhone7_Patently Apple

「Patently Apple」より

http://www.patentlyapple.com/patently-apple/liquidmetal/

有機ELディスプレイの搭載

 Apple Watchにも採用された有機ELディスプレイがiPhone7にも採用されるという話もある。サムスン製の有機ELディスプレイが使われるという記事を出したのはETNewsだ。
iPhone7_ETNews

「ETNews」より

http://www.etnews.com/20151023000208  またソニー、パナソニックの有機ELディスプレイパネル開発部門と、ジャパンディスプレイと産業革新機構が合併して作られたJOLEDとアップルがパートナーシップを形成。将来のiPadで有機ELディスプレイが採用されるというニュースもある。
iPhone7_WCCF TECH

「WCCF TECH」より

http://wccftech.com/apples-ipad-pro-coming-oled-displays/  ただし有機ELディスプレイは、現在の技術だと歩留まりが低くく、iPhoneのような大量生産品のパーツとして使うには適さないという説もある。
iPhone7_9TO5Mac

「9TO5Mac」より

http://9to5mac.com/2015/11/10/amoled-iphone-7-screens-lcd/  いずれにしても薄型化と低消費電力化に貢献する有機ELディスプレイは、それだけ期待度と注目度の高いアップデート項目というわけだろう。
次のページ 
デュアルカメラ搭載か?
1
2
ハッシュタグ
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right