フリーターでもOK!「空き家」再生で儲ける方法って?

空き家投資家は皆無だからひとり勝ち状態

 空き家をオーナーから借りて入居者に貸す。つまり“転貸”というわけだ。

「オーナーと僕、僕と入居者で賃貸借契約書を交わすのですが、オーナーとは『転貸許可』の条項を盛り込んで契約します。この条項を忘れるとトラブルに発展する場合もあるので要注意です」

 不動産の「仲介」には宅建士の免許が必要になる。だが前述のようにオーナーと入居者それぞれと契約を結べば仲介にあたらず、同資格は不要という。

「弁護士の先生にも『問題なし』と太鼓判を押されました」

 京都を皮切りに大阪や兵庫、岐阜などでも空き家投資を実践。8年で70軒の空き家を再生し、家賃収入は月100万円。ローン返済なく全額実入りだ。

「空き家は全国的に増えています。でも空き家不動産投資家はほとんどゼロに等しい。おかげでひとり勝ちで稼げますし、空き家再生は社会貢献にもつながってやりがいを感じられますよ」

【村上祐章さん】
専業大家。38歳。物件を買わず、借金もせずに家賃収入を得る空き家不動産投資を実践。近著に『常識破りの「空き家不動産」投資術

― 猿マネ不動産投資最新メソッド ―

1
2
常識破りの「空き家不動産」投資術

無職・資金ゼロのアラフォーの僕でも月収100万円を実現した! 空き家問題で悩む相続人、自治体関係者必読!!

4
5
関連記事
6
7