億超えトレーダーがこっそり教える常勝の【鉄板サイン】とは?

広がり続ける格差や給料頭打ちの経済情勢なぞどこ吹く風と言わんばかりに、アグレッシブに資産を増大させているミリオネア投資家たち。そんな彼らの独自の投資戦略、そして資産形成術と勝負のタイミングを知ることで、億超えへの道を探る! 【FXシストレ saekinomao氏】 総資産3億円/投資歴11年 直近1年の騰落率+5000万円 「今の資産? コレですね」  そう言って3本の指を立てたのは、FXシステムの開発を得意とするsaekinomao氏。指1本が1億円……? 「その辺はご想像にお任せします」と濁したsaeki氏がFXを始めたのは11年ほど前のこと。
saekinomao氏の資産推移

【saekinomao氏】FXを始めたのは11年前。シストレに魅了されるも、買ったり負けたりの繰り返しだった。米ドル/円、ユーロ/米ドル、日経平均の3市場で同時にトレードするシステムを築いた4年前から資産急増!

「最初のころはまだ電話で取引する時代。営業マンのいいカモにされるばかりで儲かりませんでした。インターネットでの取引が一般的になって、ハマったのがシステムトレードです」  友人が自動売買しているのを見て、興味を持ったsaeki氏。ここで思い切った勝負に出る。 「それまで経営していた会社を売却し、友人からシステムを譲ってもらいました。代金? 2000万円くらいだったと思います」  高っ! いくらなんでも高すぎやしませんか……。 「売買システムをゼロから作ると時間がかかりますので時間を買うつもりでした。それに飲食店を出せば1000万円や2000万円くらいはすぐ使ってしまう。店舗を出すのと同じくらいの価値がシステムにはあるだろうと。ただ、それからプログラムが簡単に組めるMT4(メタトレーダー4)が普及してきたので、自作するようになりました」  MT4はシストレではグローバルスタンダードとなっているツールだ。 「自作してみると、デモ口座では好成績だったシステムがリアル口座だと思った通りに稼いでくれない。あるいは最初は順調に資産を増やしても2、3か月すると様子がおかしくなってくる。なぜだろうかと考えた結果、FXでは『市場との勝負』だけではなく、『FX会社との勝負』もあるんだなと気がついたんです」
次のページ 
『FX会社との勝負』とはどういうことか
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right