与沢翼がシンガポールで豪遊生活できるワケ「3億円超の未納税金は払い終えました」

「秒速で1億円」を稼ぐ男・与沢翼氏。昨年、税金滞納問題で倒産危機にさらされていたが、その滞納していた税金はすべて完済し、現在はシンガポール一のタワーマンションに拠点を移していた。税金騒動の顛末や移住の狙い、現在の生活、そして今後のビジネスプランを直撃した!

与沢翼の贅沢な日々 シンガポールを満喫中!

「秒速で1億円」の男として世を騒がせた与沢翼氏。かつては高級外車を何台も所有し、毎晩六本木で豪遊する姿が話題となったが、昨年4月に約3億円超の法人税未納による経営危機騒動を発表。一時はホームレス化が報じられたのを覚えている人も多いだろう。「もう金持ちを演じるだけのお金はない」と語り、再起不能に陥ったと思われた与沢氏だが、実はシンガポールに移住し華麗なる復活を遂げていた! その生活ぶりを確認すべく取材班はシンガポールに飛んだ。

滞納していた税金はすべて支払い完了

与沢翼

与沢翼

 与沢氏の自宅として招かれたのは、シンガポールの繁華街にあるシンガポール一の56階建て最高級マンション「オーチャード・レジデンス」の最上層49階。「ようこそ!」と笑顔で迎える与沢氏に、早速今回の移住の理由を直撃した。

「日本を捨ててシンガポールに移住した大きな理由は、シンガポールは日本よりも税金が安いからです。今回、税金で痛い目に遭った経験もあり、いろいろと各国の税制を調べたら、シンガポールは法人税も所得税も格段に安い。事業をするなら日本にいるより、絶対に得なんですよ。あとは、アジアにビジネスの可能性を感じたからです。なかでもシンガポールは世界のハブ都市として地の利があるし、治安もいい。だから居住地に選んだんです」

 だが、与沢氏には3億円超の未払いの法人税があったはず。この処理はどうなったのか?

「税金はすべて払い終えました。3億円超の未納分を毎月分納していて、昨年10月の段階で残り約1億2000万円でしたが、10月の会社の決算が赤字で、その還付金がちょうど1億2000万円だった。正直、還付金の額はギリギリまでわからなかったので賭けでしたが。それでダメだったら、あとは本当に倒産させるしかなかった。でも、倒産だけはしたくなかった。会社を破産させたというイメージもついてしまいますし、まだ高級車も自宅も資産のある法人もありましたから、だったら自分で最後まで責任を持って処理をしようと思ったんです」

 また、一部では「計画倒産ではないか」という疑惑の声もあったが、これについてはどうなのか?

「ありえないです(笑)。そもそも『計画倒産』とは銀行から融資を受けているなど、一般債権者がいるもの。ですが、私の会社は常に黒字経営だったので債権者はいません。あと、もしも本気で計画倒産するなら、税金なんて1円も払わずにもっと早く倒産してますよ。シンガポールに住むようになったので、『海外に事前に資産を逃がしていた』とも言われてますけど、それもないですね。全部、正式な手続きを踏んでいますし、そんなことを私がやっていたら、今頃逮捕されてます。そこまで日本の税務署は甘くないですから」

次のページ 
家賃200万円!家具は総額約3000万円

1
2
ハッシュタグ
4
5
関連記事
6
7