携帯サンドイッチの元祖は「ランチパック」ではなかった…フジパン「スナックサンド」が40周年

スナックサンド コンビニの菓子パンコーナーにあるド定番商品といえば、耳を切り落としたパンを袋状にしたサンドイッチ。「携帯サンドイッチ」と呼ばれるこのカテゴリー、山崎製パンの「ランチパック」といえば、誰もがすぐに頭に浮かぶであろう。全国どのコンビニにも置いてあるし、ランチパックなどは専門店まで出来るほどの人気商品となっている。  誰しもが「ランチパック」を頭に浮かべてしまう携帯サンドイッチの世界だが、実は山崎製パンの「ランチパック」は元祖ではない。山崎製パンのランチパックは1984年に発売されているが、それを遡ること9年前、1975年に名古屋に本社があるフジパン「スナックサンド」としてまったく同じ製品を売り出していたをご存知だろうか。  その元祖であり本家であるフジパンの「スナックサンド」は、今年なんと堂々の40週年を迎えるのだ。  フジパンの広報担当者は語る。 「正直言えば、シェアに差がありすぎて、元祖なのに知名度がなくて悔しい……とかいう感情もないんです。ただ、長年売れ続けているロングセラーなので、もう一度アピール不足を払拭して少しでもシェアを拡大できるように頑張りたいなと思っています」  そう、元祖にも関わらず、携帯サンドイッチ市場におけるフジパン「スナックサンド」のシェアは0.15%なのだ。 スナックサンド物語 安定して売れているとはいえ、元祖にしては低すぎるシェア。この苦境をひっくり返すために、節目となる40周年の今年は、同社はパッケージや同社サイトでも積極的に「元祖」であることをアピールしている。とはいえ、ここでも「元祖!?」となぜか「!?」が付いていたり、「スナックサンドが実は日本における携帯スナックサンドの元祖です」(太字は編集部)とあくまでも謙虚なのであった……。  フジパンでは、そうしたアピールの一環として「もう一度食べたい味」に投票し、上位3位までに入ると、その味が復刻発売されるというキャンペーンを2015年04月30日まで行っている。 参照:フジパン「スナックサンド」ブランドサイト http://www.fujipan.co.jp/product/snack <取材・文/HBO取材班>
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right