ネットで話題の「陰謀論チャート」を徹底解説&日本語訳してみた

現実世界を侵食し始める陰謀論

◆「ピザゲート事件」  この子供を連れ去り虐待するというパターンは他にもある。そしてその妄想は「ピザゲート事件」で、最悪の形で現実の世界にグロテスクに姿を現す。  民主党のヒラリー・クリントンや関係者が、そのような幼児の人身売買や性的な虐待に関わっているという陰謀論で、一時期4chanにて盛り上がりった。人身売買と悪魔崇拝者が幼児虐待はQアノンにも引き継がれた現代アメリカの定番陰謀論である。  これを信じきってしまった4chanねらーが、その幼児売買の拠点となっているとネットでデマを流されたピザ屋に乱入し発砲事件を起こすという完全にシャレにならない事態になったのである。  このピザゲート事件は、「悪魔崇拝者が幼児虐待」「火星に子供を性奴隷にしている植民地がある」などのバリエーションの陰謀論のはずなのだが、民主党という新しい要素が加わって爆発的にネットで拡散されてしまった。考えればそんなことはありえないというのはわかりそうなものなのだが、なんでこんなことを信じてしまうのだろうか。

◆「白人大虐殺」

 南アフリカでは農園主の白人が大量に虐殺され、その農園が黒人に奪われているというアメリカの白人至上主義者の主張のこと。よりによってトランプ前大統領がこれを信じ込み、Twitterで「ポンペオ国務長官にこの件を調査するように伝えた」とツィート(ツイートはアカウント凍結で閲覧不可)。南アフリカ政府が抗議するという事態に。
trumptweet

現在はアカウント削除で閲覧できなくなったトランプ前大統領のツイート

 ただし、南アフリカでは長い白人至上主義の時代からアパルトヘイトの最近まで、植民地時代の大土地所有が残りつづけており、農地改革的の政策が進んでいることは事実。そのためにそれに不公平感を抱く南アフリカの白人層がいるのも事実。そして、そもそも治安が世界最悪レベルで悪い土地柄、白人で犯罪に巻き込まれる人も多数いるのもこれまた事実。  しかしこれを「白人大虐殺」されていると表現できるかといえばどうなのかと。  この無理やりなジェノサイド認定には、普段、黒人やアメリカ先住民が虐殺されたという話を悲劇として語る人たちに対する当てつけの意味がこめられているのであろう。もちろんこの主張を繰り広げているのは、土地収用に反対する南アフリカの白人の人たちの一部と、これを支持するアメリカの白人至上主義の人たちがメインである。

お決まりの陰謀論ターゲットな著名人

◆「ジョージ・ソロス」 ◆「ビル・ゲイツはマイクロチップを人の頭に埋め込もうとしている」  現代アメリカの陰謀論には至る所に出ずっぱりでレギュラーで出演している人物がいる。そのうちジョージ・ソロスとビル・ゲイツは両巨頭といっていいだろう。ジョージ・ソロスはユダヤ金融資本陰謀論と相性が良く、ビル・ゲイツは科学陰謀論と結びつくことが多い。  両者とも大金持ちのエリートで慈善家の側面もあり、そこから来る格好のうさん臭さから、「実は・・・」という展開に結びつきやすいのであろうか。  筆者もこの二人は100%は信用できないと思っているが、ワクチンにマイクロチップを混入させてそれを人に植え付けようとしているとかなんとかと語る人よりは、それでもまだ信用度は遥かに高いのではないだろうか。
次のページ
現実の社会問題の「写し鏡」としての陰謀論
1
2
3
4
5
6
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right