「コロナは風邪」論者が自らも感染。「地獄」と語る壮絶な闘病生活の果てに感じたこと

コロナ入院イメージ

写真はイメージです。photo by shutterstock

 世界各地で再び感染者が増加している新型コロナウイルス。ワクチン摂取が進まないまま、自粛疲れなどで街に繰り出す人々、次々と発生する変異株など、課題は山積みだ。

悪寒・激痛・吐き気が急襲

 新型コロナウイルス発生から一年以上たち、全世界では約278万人(3月29日時点)が死亡するなど、脅威は治まる気配がない。  しかし、こんな状況でもコロナの危険性を訝しがる人は少なくない。海外駐在員として欧州某国で働くKさん(男性・30代)もその一人だった。自らがコロナに感染してしまうまでは……。  「会社の同僚など、周りにも感染者は出ていましたが、自分が感染するまでは『ちょっとしんどい風邪』ぐらいかと思っていました。『せいぜい、インフルエンザぐらいだろう』と」  コロナは風邪……。残念ながら、Kさんに限らず、こういった主張は世界中で見られる。だが、一度自分の体調に異変が起きてからは、「風邪」どころか命の危険を感じたという。  「突然、悪寒と節々の激痛に襲われて、『きたな』と思いました。吐き気もスゴく、すぐにコロナだとわかりました。最初に症状が出始めたのは、夜23時ごろ。その日は寝たのですが、体の怠さが取れず、朝会社にメールを打って休みをいただき、PCR検査の手配をしました」  すでに、体調は最悪の状態。だが、これは長い苦しみの始まりに過ぎなかった。

6日間でまるで改善しない「地獄」

 子どもの3人暮らしのKさんは、外国語での手配が難しいことから、会社の総務に検査を依頼。異国の地で、悪寒や激痛に苦しみながら、検査会場へと向かったという。  「駐車場に仮設の検査所、コンテナのような施設が設置されているので、家族全員で車に乗って向かいました。その日は、あいにく雪が降っていて……。雪が降りしきるなか外で検査に並んで、地獄でしたね」  翌日、結果が出るとKさんのみが陽性。こうして10日間の隔離が始まった。  「こちらでは隔離中の家には警察官がパトロールに来るのですが、感染者が増え過ぎているせいか、私が外国人だからか、ウチには一度も来ませんでした」  体は激痛に苦しみ、意識は朦朧……。そんな状態で隔離生活を過ごしていたKさんだが、さらなる試練が襲いかかる。  「最初の6日間は一ミリも症状がよくなりませんでした。熱は37度ぐらいだったんですが、悪寒が取れずに、ずっと寒い。いい兆しがまったくなかったんです」  「コロナは風邪と同じ、最初を乗り切ればなんとかなる」。そう思っていたKさんだが、現実はそう甘くなかった
次のページ
「風邪程度」のはずが命の危険を感じることに
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right