『君の名は。』ハリウッド実写版を手がける監督の半自伝映画『ミナリ』。韓国系移民の奮闘描く

©2020 A24 DISTRIBUTION, LLC   All Rights Reserved.

©2020 A24 DISTRIBUTION, LLC All Rights Reserved.

 3月19日より、アメリカ映画『ミナリ』が公開される。  本作は、『ムーンライト』(2016)や『ミッドサマー』(2019)など新進気鋭の監督の作家性を生かした作品を世に送り続けるスタジオA24および、『それでも夜が明ける』(2013)でアカデミー賞作品賞を受賞したブラッド・ピット率いるPLAN Bという、強力なタッグで製作された。すでに各国の映画祭の観客賞および権威ある賞を次々とおさえ、批評サイトRottenTomatoesでは一時期に100%の支持率を得るなど、絶賛に次ぐ絶賛で迎えられている。  タイトルの「ミナリ」とは韓国語で香味野菜のセリ(芹)を指している。そこには、たくましく地に根を張り、2度目の旬が最もおいしいことから、子ども世代の幸せのために、親の世代が懸命に生きるという意味が込められている。本編もまた、不安がはびこる今の世の中でこそ響く、家族の姿を丹念に追った作品であった。さらなる作品の魅力を解説していこう。

田舎に引っ越してきた家族の奮闘記

 1980年代、韓国系移民のジェイコブは、喜び勇んでアメリカ南部のアーカンソー州の高原に家族と共に引っ越してきた。しかし、そこは心臓に病を抱える息子のデビッドの病院からは遠く、荒れた土地とボロボロのトレーラーハウスを見て、妻のモニカは不安を募らせる。それでも、しっかりものの長女アンと好奇心旺盛なデビッドは新しい土地に希望を見出していくのだが、やがて家族は予期せぬ災難に見舞われる。
©2020 A24 DISTRIBUTION, LLC   All Rights Reserved.

©2020 A24 DISTRIBUTION, LLC All Rights Reserved.

 簡潔に内容を表すのであれば、「田舎に引っ越してきた家族の奮闘記」だ。荒れた土地では水を満足に得ることも難しく、隣人も怪しくてすぐには信用できない。夫と妻は共に不安を抱え、激しい口喧嘩もしてしまう。そんな環境であっても、子どもたちはなんだかんだで楽しく暮らしていて、友だちもできたりもする。乱暴な言い方をすれば、「より生活が困難で両親が不仲でファンタジーのない実写版『となりのトトロ』(1988)」な内容でもあるのだ。

「自然に見えるが実は計算されつくしている」作品

 劇中では何気ない日常が淡々と映し出されているようにも見えるが、この生活が破綻してしまいそうな「ほころび」がどこかに垣間見え、後で何気ないセリフや行動がしっかりと意味を持つようになるということも重要だ。  この「自然に見えるが実は計算されつくしている」という印象は、日本で言うところの是枝裕和監督の作品にも近い。その作品の中では、田舎での家族の関係性を「何も起こらない」中で描いた『歩いても歩いても』(2008)、両親が口喧嘩をしてしまう環境でも健やかに育つ子どもの成長を追った『奇跡』(2011)、貧困の中でも懸命に生きる家族の姿を描いた『万引き家族』(2018)、それぞれを思い起こすところがあった。他にも、田舎で暮らす家族の閉塞感をリアルに綴ったラッセ・ハルストレム監督の『ギルバート・グレイプ』(1993)を連想する方も多いだろう。
©2020 A24 DISTRIBUTION, LLC   All Rights Reserved.

©2020 A24 DISTRIBUTION, LLC All Rights Reserved.

 そんなわけで、この『ミナリ』の本編には(終盤のある展開を除いて)ほとんど派手さはない。それでも興味が持続し、面白いと思えるのは、俳優陣の演技力はもちろん、画作りや演出、脚本がとても作り込まれているからだろう。映画館のスクリーンで集中して観れば、より「自然に見えるが実は計算されつくしている」特徴がわかるはずだ。
次のページ
小津安二郎やスピルバーグからの影響も
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right