「制服の色でシフトを見える化」「新入社員が会社のDXを推進」社員の働きやすい環境作りに挑んだ企業たち

d36381-85-275279-2

株式会社マクアケ

 株式会社リクルートキャリアが主催する「第7回 GOOD ACTION アワード」の受賞式が3月3日、東京・千代田区にあるリクルートキャリア本社で行われた。例年は受賞企業担当者や報道陣が集まるが、今年は新型コロナウイルス拡大防止のため司会、審査員、受賞企業担当者のみが来場。メディア向けに、表彰式はオンラインで公開した。  「GOOD ACTION」とは、働き方の多様化が求められる現代において、一人ひとりがイキイキと働くための職場の取り組みに光を当てるプロジェクトのことを指す。昨年8月6日~9月28日の間に応募した企業の中から、書類審査、オンライン審査、最終審査を経て、8社が選ばれた。

一人の女性の前向きな動きが、社内を変えた

 それぞれの審査員が独自の目線で高く評価したアクションに贈る「審査員賞」には、「ワークスアイディ株式会社」(東京、人材サービス)、「大橋運輸株式会社」(愛知、運輸)、「株式会社カクイチ」(東京、建設)の三社が選出された。  「ワークスアイディ株式会社」は、人材業界が持つ「面談は対面が当たり前」の風潮を見直し、5年前から電話面談やビデオ録画面談を実施。子育て中の女性社員が働きやすいよう、テレワークも推進している。  これらの施策を社内で立ち上げ、実現させたのは、HRS事業本部HRSマーケティング室室長の朝比奈一紗さんだ。
朝比奈 一紗さん

朝比奈 一紗さん

 朝比奈さんが電話面談を提案した際、「対面ではなく電話ですませるのは失礼ではないか」といった反対意見が出たが、自分が率先して行動し、一人で月に300件の電話面談をやり抜いた。  さらに、それまでできる仕事が少なかった時短勤務の女性を集めたチームを作り、積極的に電話面談を行った。こうした土壌がその後ビデオ録画面談やライブ面談の導入に繋がった。  2019年には、朝比奈さんが妊娠。女性社員がもっと働きやすい環境を作ろうとテレワークを推進した。以前は子育て中の女性社員のキャリアに優しい企業とは言えなかった環境を大きく変え、一度は退職した女性社員を再雇用することにも成功した。  テレワークの恩恵を受けたのは女性だけではない。会社全体としては、新型コロナウイルスで働き方の見直しが迫られる中、時代の流れに対応できた。受賞を受けて朝比奈さんは、「復帰できる場所だけではなく、輝ける場所も提供したい」と今後の意気込みを語った。

「男の職場」がダイバーシティを実現

 「大橋運輸株式会社」は、人材不足や従業員の高齢化など運輸業界が抱える課題をダイバーシティー経営によって乗り越えてきた。運輸業と聞くと、「男性の職場」のイメージが強いが、同社は女性の働きやすい環境整備のため2011年から「週3日勤務」や「1日4時間からの勤務」「フレキシブルな出社時間」を打ち出した。また国籍にとらわれず、中国やフィリピンなど外国籍の従業員も働いている。英語が得意なスタッフが通訳となり、通訳を設け、言葉の壁を乗り越えた。
大橋運輸株式会社

大橋運輸株式会社

 同社で働く中国籍の女性は「〇〇人という見方はされず、〇〇さんというふうに個人として扱ってくれます」と社風を語った。  同社の鍋嶋洋行社長は、「ダイバーシティ経営と聞くと大企業が取り組んで成果をあげていると思われがちです。でも中小企業ほど必要なことだと思っています。私たちはこれからもダイバーシティ経営の素晴らしさを伝えていきたい」と熱意を示す。
次のページ
電話とファックスからSlackへ
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right