維新がぶち上げた「ファクトチェッカー」をファクトチェックしてみた

大阪府知事の吉村洋文

大阪府知事の吉村洋文(撮影/横田一)

維新の会、「ファクトチェック」をぶち上げる

 先日、大阪府の吉村洋文知事が、あまりに「維新憎し」のにデマが出回り過ぎているとして、大阪維新の会が党をあげて「ファクトチェック」に乗り出すことを発表し、良くも悪くも、多くの人をワクワクさせていました。というのも、吉村洋文知事は「イソジンがコロナに効く!」と言い出し、今でもその主張を引っ込めていないことから、「イソジン吉村」と呼ばれ、日本で一番ファクトチェックしてもらった方が良い知事だと思われているからです。  しかも、このファクトチェックは「大阪維新の会」について書き込まれたものを、第三者ではなく、当事者である「大阪維新の会」がやるというのです。これは「クラスのマドンナのA子さんのリコーダーがなくなった時、教室には僕しかいなかったので、僕がしっかりと検証します」と言っているようなもの。こんな奴に「持ち物検査をしますので、皆さんのカバンを見せてください」と言われても、「まずはオマエのカバンを見せろ!」なのです。  当事者がお届けする、まさかのファクトチェック。その記念すべき第1弾が2月28日に公表されたのですが、その内容があまりにも衝撃的だったので、お伝えしないわけにはいきません。

「ファクトチェック」をチェックする!

 今回、大阪維新の会が「ファクトチェック」したのは、濃厚接触者となってしまい、自宅で隔離されることになった大阪市民のツイート。この大阪市民の方いわく、PCR検査の結果を教えてもらう連絡以外に、食料支援の話も、手続きの話も、体調を確認するような連絡さえもなく、まさに「放置状態」だったといいます。  しかし、まず大前提として、これは「大阪維新の会」に対する誹謗中傷ではありません。吉村洋文知事が言うような「維新憎し」でツイートしているものではなく、あくまで大阪市の現状を嘆いているものに過ぎません。なのに、このツイートを「デマ」として扱い、ファクトチェックするというのです。脳味噌は大丈夫なんでしょうか。改めて、大阪維新の会がデマとして扱っているツイートを見てみましょう。なお、ツイートについては「ファクトチェッカー【公式】大阪維新の会」からの引用とし、維新による市民の「晒し上げ」に加担しないよう、こちらでは元ツイートへのリンクははりません。 ”今日で濃厚接触者の私は自宅隔離が終了します。この間、PCR検査結果を知らせてくれた時の検査調整センターからの連絡(2/3)のみ。市からの食料支援やその他の手続き情報も無し。大阪市の保健所からはついに一度も連絡無し。正に放置状態。大阪市終わってる”  大阪維新の会のファクトチェックでは、まず「自宅隔離」という言葉にアンダーラインが引かれ、次のように解説しています。 ”【POINT①】 ・大阪市では濃厚接触者の皆様にはPCR検査を受けて頂き、陽性の場合は療養、陰性の場合でも14日間の自宅での健康観察を要請している。 ・健康観察の期間は不要不急の外出を控えて頂くとともに、やむを得ず外出する際は公共交通機関の利用を控えること等を求めている。”  それを「自宅隔離」と言うのとちゃうんかい! どうやら大阪維新の会は、あくまで「健康観察」であって、これは「自宅隔離ではない」と言いたいようです。しかし、言い方なんてどうでもいいです。実際のところ、濃厚接触者に「2週間は自宅に居てください」と言っていて、これはさらなる感染を防ぐための「隔離」が目的なのですから、言っていることは何も間違っていません。「自宅隔離」と表現した人をデマ扱いするなんて、一体、どういう神経をしているのでしょうか。
次のページ
現状を嘆いただけの市民を晒し上げる政党
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right