頑張っている人の表情をマネするとパフォーマンスが向上する!? 表情分析の研究が明らかに

頑張ってる人

Ryan McGuire via Pixabay

どうしても頑張れないときってありますよね?

 こんにちは。微表情研究家の清水建二です。  就業時間が終わりに近づくにつれて、お客様の宛名ミス、書類の誤字脱字、見積書・請求書・納品書などの計算ミス、仕事の段取り忘れなどが増えてくる部下、同僚、自分自身、上司。  よくあります。活が足りない? やる気がない? 性格の問題?  色々な可能性が考えられます。しかし、自分の気持ちとしては、頑張りたいにも関わらず、ここ一番の時に頑張れない、もう少しなのに持続力が著しく低下する。こうしたことを誰しもが体験するかと思います。  本日は、こうしたときに集中力を瞬間チャージし、持続力を高める栄養ドリンクのような手軽な方法を紹介します。しかも、お金は一切かかりません。

休憩すら取れないとき、気合を入れる科学的な方法

 よくある、そして最善の方法は、ひとまず休憩し、再開するというものです。しかし、休憩をとることが出来ず、どうしても続けなくてはならないときがあるでしょう。そんなとき、集中力や思考力を高めるための方法があります。至って単純な方法です。  それは、頑張っている人の表情のマネをする、です。気合を入れた表情と言った方が正確かも知れません。  表情フィードバック仮説というものがあります。  特定の表情筋を動かすことによって、その動きに関連する感情が生じるという説です。例えば、ペンを横にして、歯でくわえた人と唇で挟んだ人とを比べると、前者の人の方が楽しい気分になるということがわかっています。ペンを歯でくわえると幸福表情に関連する大頬骨筋が動きます。私たちの身体には、楽しいから笑うだけでなく、笑うから楽しくなるというメカニズムも備わっているのです。
次のページ
スポーツ選手の表情のマネをすると認知力が上がった
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right