昨年12月15日のPornhub一斉削除によって「守られた」もの

 昨年末、急にPornhubの動画が一斉に削除され、ダウンロードができなくなった。この騒動を日本のAV業界はどう見ているのか。関係者や女優に聞いた!

地殻変動を迎えるAV業界

Pornhub 昨年の12月15日、世界最大のポルノサイトである「Pornhub」(以下、ポーンハブ)が1000万本以上の動画を一斉に削除したことで、一時ネットの一部が騒然とする事態になった。  発端は米国人記者の告発だった。「未成年者を性的虐待する動画が多数あり、違法作品により収益を得ている」との記事が米ニューヨーク・タイムズ紙に掲載され、直後に決済会社が取引を停止。ポーンハブは経営危機に陥った。  これを受け、著作権やプライバシー権を侵害する違法な動画をポーンハブが一斉に削除したというわけだ。動画の削除だけでなく、海賊版の温床となっていた未承認ユーザーのアップロードも禁止。動画ダウンロード機能についても無料ユーザーは不可となった。  この「1215ショック」で、日本の一部ユーザーがSNSや掲示板で狼狽。告発した記者への殺害予告とも取れるつぶやきまで現れる始末だった。

AV関係者からは歓迎の声

 ポーンハブにおいて、日本は米国に次ぎ第2位のアクセス数を誇り、国内のサイト別トラフィック量でもフェイスブックやウィキペディアより高い10位にランクインしている(’20年、シミラーウェブ調べ)。  国内最大手のアダルトサイト「FANZA」よりもユーザーが多く、ポーンハブの存在は日本のAV業界にとって長年悩みの種だった。  一連の騒動を受け、AV関係者はどう思っているのか。メーカーの著作権を保護する活動をする知的財産振興協会にまず聞いた。 「ポーンハブについては、従来からパトロールで海賊版動画の削除要請を日々、送っていました。  今回、大量の動画削除は大きな驚きでしたが、AV作品の海賊版対策に取り組む立場としては当然、歓迎すべき流れです」  一方、AV女優の労働環境や権利向上に取り組む日本プロダクション協会(以下、JPG)も次のように指摘する。 「被害に遭った女優がサイト側に削除依頼をしても、著作権がないため削除してもらえないケースが多かった。しかも、一度アップロードされると、次々とコピーされて広がっていく。  泣き寝入りするしかなかったので、今回の決定は好意的に見ています」
次のページ
「女優だった過去を消したい」と願う女性たちを脅かす違法サイト
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right