“小出し対応”のまま決断せず、第三波を招いた小池百合子・東京都知事の「職務怠慢」

小池都知事に、GoToトラベル中断が遅れたことの反省はなし

会見を行う小池百合子・東京都知事

会見を行う小池百合子・東京都知事。都合の悪い質問をする記者を指名しない”記者排除”を続けている

 1都3県を対象とする緊急事態宣言が発令された1月7日、小池百合子都知事は臨時会見を開いて「状況は危機的で極めて深刻」と強調、飲食店への時短要請(20時まで)と協力金の支払を発表し、最大限の外出自粛を求めた。「対策のいちばんの目的は、人の流れを止めること」と述べて、都民や企業や事業者に協力を求めたのだ。  しかし菅首相との責任のなすりつけ合いで、医療関係者が昨年11月の段階で求めていた「GoToトラベル中断」が遅れたことへの反省も謝罪もそこにはなかった。しかも小池知事が会見で指名した記者たちからは、そのことを厳しく問い質す質疑応答もなし。そこで会見終了直後、筆者は3年間にわたって指名されない“記者排除”への抗議も兼ねて、声掛け質問をした。 「菅さんとの不仲が問題だったのではないですか。(菅首相との)責任のなすりつけ合いについて、謝罪しないのですか。GoTo(トラベル)キャンペーンは、なぜ早く中断要請しなかったのですか。五輪を中止してコロナ対策に(予算を)回したほうがいいのではないですか。開催できる根拠があるのですか?」  小池知事は、無言のまま立ち去った。

尾身茂・コロナ対策分科会長も言葉を失った「決断力のなさ」

感染爆発を招いた菅首相

小池知事とコロナ対策への決断の責任をなすりつけ合い、感染爆発を招いた菅首相

 小池知事と菅首相が対応の遅れで感染爆発を招いた“亡国コンビ”であることは、昨年末の筆者記事(「小池都知事と菅首相は、私利私欲でコロナ感染拡大を招いた“亡国コンビ”」「これではコロナ第三波は止められない!? 菅首相と小池都知事の機能不全状態」)で指摘したが、その象徴的場面だったのが昨年12月1日の両トップ会談だった。  政府のコロナ対策分科会の尾身茂会長も、「GoToトラベル中断」の決断に時間を要した理由の一つに「国と東京都の『両すくみ』に陥ったこと」をあげ、言葉を失った瞬間を次のように振り返っている。 「菅首相は当初から『まずは知事に判断していだく』と言い、小池知事は『国が判断を』と言う」「大きな注目が集まった12月1日のトップ会談では、私たち専門家はみな強いメッセージが出ることを期待していました。二人の会談の直後に『65歳以上の高齢者と基礎疾患のある人に利用自粛を呼びかける』という合意がなされたと聞いた時は、『え?』と言葉を失いました。私たちの具申をわかってくれていなかったのか、と強い違和感があった」(『文藝春秋』2月号「尾身茂『東京を抑えなければ感染は終わらない』」より)
次のページ
知事方針決定に関する「文書は不存在」
1
2
3
4
5
仮面 虚飾の女帝・小池百合子

選挙や五輪を優先して、コロナ感染爆発を招いた小池百合子東京都知事。
都民のためでも、国民のためでもない、すべては「自分ファースト」だ!

PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right