小池都知事と菅首相は、私利私欲でコロナ感染拡大を招いた“亡国コンビ”

「GoToトラベル東京除外」をなぜ言わないのかと小池知事に質問

会見でGoToトラベル東京除外(中断)の要請を頑なに拒み続けた小池知事

会見でGoToトラベル東京除外(中断)の要請を頑なに拒み続けた小池知事

「都知事選最優先で、第二波のコロナ感染拡大を招いた」と批判された小池百合子・東京都知事が、第三波でも同じような職務怠慢(対応の遅れ)を繰り返し、GoToキャンペーン固執の菅義偉首相とともに国民の命を危険にさらそうとしている。不仲説が流れる両者の“バトル”再開で「GoToトラベル東京除外」のタイミングが大幅に遅れ、さらなる感染拡大を招いてしまったのだ。  大阪市と札幌市を目的地とするGoToトラベル除外が11月24日に決まった3日後の27日、小池知事は関連質問が相次いでもGoToトラベル東京除外を政府に要請することを拒否、「国が判断を行うべき」という主張を変えることはなかった。 そこで会見終了直後、筆者は知事に声掛け質問をした。 「菅さんが嫌いだからGoTo中断を言わないのですか。(全国に)感染拡大させていいのですか。無責任ではないですか。(GoToの東京除外をしていた10月1日より)『前に戻してくれ』と一言言えばいいだけではないですか」  しかし小池知事は、無言のまま立ち去った。

小池知事「国が判断すべき」

 一方で、GoToに上乗せする都独自の施策「もっとTokyo」については「都民の命を守る意味で一時停止を決めた」と小池知事は説明していた。  TBSの中澤記者が、このことを指摘したうえで「もう国とか都だとかではなく、知事から政府に対して『これは東京を外すべきではないか』というふうに進言してもいいのではないかというふうに思うが」と問い質したのはこのためだ。  それでも小池知事は「これは出と入りとセットで考えて行く必要があろうかと思います。だからこそ国が判断すべきだと。全国的な話になるので」と要請を拒否したのだ。  まるで菅首相から「GoToトラベルの東京除外を決めたいのでお願いします」と頭を下げて来るのを待っているのかのような対応だ。小池知事が意固地になる心情は分からないでもない。
次のページ
第二波の時は「東京だけを狙い撃ちにした」と恨み節
1
2
3
仮面 虚飾の女帝・小池百合子

都民のためでも、国民のためでもない、すべては「自分ファースト」だ

PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right