11月時点で19人が暗殺! メキシコのジャーナリストにとって2020年は最悪の年となった

Violence In The North Of Mexico City

Photo by Jair Cabrera/NurPhoto via Getty Images

今年11月までにジャーナリストが19人暗殺されたメキシコ

 麻薬組織カルテルと犯罪グループが蔓延るメキシコでジャーナリストが暗殺される事件が多発している。スペイン紙『El País』メキシコ支局からの11月25日付報道によると、今年は11月の時点で19人が暗殺され、これはこの10年間で最大の記録だという。また暴行事件も今年は224件となってこれも2015年以来最大の件数となっているそうだ。  更に同紙は2010年から数えると138人のジャーナリストが暗殺されている、と指摘している。その内訳は13%が女性、87%が男性となっている。暗殺事件が多発しているのはベラクルス、オアチャカ、ゲレロ、タマウリパス、チウアウアの5つの州だと報じた。  例えば、ベラクルス州の例を挙げると、この15年間で27人が暗殺され、6人が行方不明になっているとスペインを代表する通信社『EFE』の情報を電子紙『20Minútos』(9月19日付)が伝えている。

政治家とカルテルの癒着を報じることへの報復

 ベラクルス州はカルテルのひとつロス・セタスが勢力を張っていたところであった。ところが最近は5つのカルテルが同州でも縄張り争いを拡げるようになり、カルテル同士の戦いや政治家との癒着などを報道しようとするジャーナリストがその犠牲になっているということだ。  また警察も信頼できない。カルテルと癒着して安い給料を補う形でカルテルの犯罪を隠れて支援している警察も多くいるからだ。  ゲレロ州の場合だと、2000年から数えると25人のジャーナリストが殺害されていることを『EFE』(10月17日付)が報じた。さらに同通信は今年8月には地元電子紙「Iguala PMニュース」の発行責任者パブロ・モルガレスが暗殺されたことを取り上げて、彼は「ジャーナリストを守る人権保護組織」から保護を受けていたにもかかわらず暗殺された、と報した。  パブロ・モルガレスは死の脅迫を受けていたからこの保護組織に加盟していた。しかし、一度脅迫されるとそれが必ず実行されるというジンクスを前に、ジャーナリストの一人、匿名希望者は「私の人生は全く変わってしまった。今では人生を生きがいのあるものにすることを考えるようになっている。そして私の息子たちと愉しむことだ。私のプランは家族を連れてメキシコを離れることだ。私の家族を犠牲にするような危険は冒したくない」と同通信の取材に答えたことも掲載されている。  ゲレロ州で活動しているカルテルと犯罪グループはロス・ゲレロス・ウニドス、ロス・ロホス、ラ・ファミィア、カルテル・インデペンディエンテ・デ・アカプルコ、ロス・マルキナ、カルテル・ハリスコ・ヌエバ・ヘネラシオンで、彼らの間で縄張りを争っている。特に、カルテル・ハリスコ・ヌエバ・ヘネラシオンというのは急成長しているカルテルで、もともとカルテルシナロアの分派だった組織で最も狂暴なカルテルだとされている。
次のページ
「ジャーナリストになることは歩く死人になること」
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right