性嫌悪でも結婚したい。30代童貞男性が抱え込む「ねじれ」の正体

男性

大江健太さん(仮名)

 大江健太さん(仮名・32歳)は都内有名大学を卒業後、マスコミ関係に就職し、年収も決して低くない。飾らない外見ではあるものの、清潔感もあり物腰も柔らかく、コミュニケーションも問題なく取れる。しかし、彼はすでにいわゆる「妖精」……30代を迎えても、童貞を守り抜いているという。

性に対する嫌悪感

「今までの人生で、女性からのアプローチが全くなかったわけではありません。そして自分も、女性に好意を抱くことはあります」と語る大江さん。機会がなかったわけではないのに、彼が童貞を守り続ける理由が、シンプルに気になった。 「端的にいえば、恋というものが何なのか、よくわからないんです。性に対する嫌悪感が思春期の頃からあって、女性と身体の関係になることに抵抗がある。とはいえ、身体が反応しないというわけではないので、その自分の不純さを許せなくなってしまう。だから、アダルトコンテンツは自分からは見ません。風俗にも行ったことがありません」  そもそも性行為に嫌悪感を抱くという彼は、風俗で童貞を捨てようと思ったことすらないという。思春期に多くの人が頭で考える前に支配される「性欲」という大きな欲を、彼はずっとプラトニックすぎる理性で制御してしまっているのだ。

思春期の挫折経験で下がりきった自己肯定感

 ある意味、人の本能と逆行しているともいえるその感情は、どこからやってきてしまったのか。 「他人が自分のパーソナルスペースに踏み込んでくることがとても怖いんです。それと、高校時代に、部活動で挫折を経験しているし、大学受験でも失敗して浪人もした。挫折ばかりの人生だったので、劣等感がすごく強いんです。自分に自信が持てないから、本当の自分を知られるのが怖い。  たとえ相手から好意を向けてもらっても、返せるものがないと思ってしまいます。だから結局、好意を持った女性にも自分からアクションを起こしたことがないし、そもそも恋愛の優先順位も低いんです」  平均より高い学歴と年収。でも上を見ればもっと上がいる。学歴が高い人ほど、そもそもの理想や目標の設定が高く、今の自分の現状を受け入れられないという人も多い。自分が設定した目標をクリアできなかった過去は、靴の裏についたガムのゴミのように、長い間彼にへばりついているようだった。
次のページ
恋愛は諦めた。けど結婚は……
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right