「仮処分決定前」に示談交渉!? N国『誹謗中傷示談金ビジネス』の問題点

福永活也弁護士の的外れなオーサーコメント

 先日、Yahoo!ニュースにも掲載された当サイトの「N国党が始めた、批判者を標的とした『誹謗中傷示談金ビジネス』。被害者は心を病む人も」という記事に対して、福永活也弁護士が以下のようなオーサーコメントを出している。 「仮処分決定後の示談交渉について恐喝になるという批判があるようですが、そもそも一般的に紛争事件において、一切の司法判断を経ていない自称被害者にとっても、加害者に対して、弁護士を代理人として示談交渉することは正当な交渉として容認されているぐらいですので、一つの司法判断を経ている本件についても正当な交渉となるものと考えます」  この福永活也弁護士のコメントは、とても的外れだ。  なぜなら、このDMを見ても明らかなように、立花孝志の示談交渉は「仮処分決定前」に行われている。クライアントに確認すればすぐにわかることなのに、福永活也弁護士は「仮処分決定後」を前提にしている。交通事故で例えるなら、警察も到着していない段階から「オマエがカネを払え」と脅しているようなものである。  福永活也弁護士は「一つの司法判断を経ている本件についても正当な交渉となる」と書いているが、一つの司法判断も経ていない

立花孝志の政見放送こそ誹謗中傷の塊

 ネットの誹謗中傷問題を解決すると豪語している立花孝志であるが、そもそも立花孝志の政見放送こそ誹謗中傷の塊である。  特に、今年の東京都知事選では、不倫をしていたとするアナウンサーを特定できる形で紹介し、路上でカーセックスをしていたとして、その再現まで演じてみせた。およそ国政政党の党首をしている人間の行動とは思えない下劣極まりない政見放送であるが、当時のマスコミは、公的に発信される放送の中で深刻な人権侵害と呼ぶべき行動があったことを報じなかった。話題にしてしまえば、まんまと立花孝志の狙い通りになってしまうため、あえて指摘をしなかったと思われる。  しかし、「説明をしないNHKが悪い」と言わんばかりに、何度も続けられる立花孝志の名誉毀損。被害に遭っているアナウンサーたちも、さぞ立花孝志の言動には腸が煮えくり返っているに違いないが、訴えでもしたら、立花孝志が面白がって裁判の様子を動画で拡散することは目に見えている。彼らは泣き寝入りする以外にないのである。  それ以外にも、男性ファンに襲われた女性アイドルに、これが彼女のハメ撮り動画だと言って、立花孝志のYouTubeチャンネルに動画を勝手に転載。実際は、カメラに映っていないところで足を動かしていたに過ぎないが、事情を知らない人にはそう見えたのかもしれない。  こちらも深刻な人権侵害であるが、事務所が立花孝志を訴えるようなことはしなかった。いくら事実と異なるとはいえ、立花孝志にYouTubeであることないこと言われ、この話が大きくなってしまえば、タレントとしての価値が下がりかねない。やはり泣き寝入りをするのが一番の得策になってしまうのだ。  こうして立花孝志は、自分は数々の名誉毀損をしておきながら相手から訴えられることがなかったために、自分の発言を棚に上げ、国民から「ゴキブリの寄生虫」と言われたぐらいで訴え、さらには5万円やら30万円やらといった金額を要求しているのである。
次のページ
弁護士も動き始めてくれた
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right