大統領選でアイス・キューブがトランプを支持は本当か? 大炎上した騒動はフェイク画像まで出回る展開に

 いよいよ佳境を迎えてきた米大統領選挙。トランプ、バイデン、両陣営がラストスパートをかけるなか、ある重鎮ラッパーの言動が大きな注目を浴びていることをご存知だろうか。

音楽ファンのみならず政界をも巻き込んだ炎上

アイス・キューブのフェイク画像

トランプの息子、エリック・トランプが投稿したフェイク画像。元のツイートは削除済み。フェイク画像という検証は米BuzzFeedのクレイグ・シルバーマン氏のツイートを参照

 ことの発端はトランプ陣営の広報カトリーナ・ピアソンのツイッターへの投稿。伝説的ギャングスタ・ラップ・グループ、N.W.A.のメンバーであり、ソロ活動でも大きな成功を収めている史上最高のMCの一人、アイス・キューブトランプと組んだとツイートしたのだ。 「トランプ政権のプラチナム・プランを発展させようと名乗りをあげ、ともに働くアイス・キューブをよろしく。リーダーは率いて、ヘイターは憎む。率いてくれてありがとう!」  過去にはツイッター上でトランプ批判も投稿していたアイス・キューブが、大統領選のさなかに、まさかのバックアップ……? アメリカはもちろん、世界中の音楽ファンが衝撃を受けることになった。  これまでもたびたび政治的な発言をし、炎上騒動などがありながらも社会的テーマの曲を発表し続けてきたアイス・キューブ。BLMのアンセムのひとつともなった「Fuck Tha Police」など、反権力的なイメージが強いだけに、「いったいなぜ?」と戸惑ったファンは少なくなかったはずだ。  そんななか、今回の件についてアイス・キューブは下記のようなツイートをした。 「ファクト:俺はCWBA(A Contract With Black America)を発表した。どちらの党もコンタクトを取ってきた。民主党は選挙のあとにCWBAについて話すと言った。トランプ陣営は俺たちとCWBAについて話し、彼らのプランに修正を加えた」  CWBAとは、アイス・キューブがアメリカ黒人の社会的、経済的地位向上を目指して発表したマニフェスト。前出のトランプ陣営が発表したプラチナム・プランにその一部が反映されたと説明したのだ。(参照:A CONTRACT WITH BLACK AMERICA

過去にはトランプを「MF」と罵倒

 本人はあくまでフラットな姿勢で共和・民主両党と話し合うとしているが、「トランプとキューブが組んだ!」と受け取る人が多いのは不思議ではない。結果、賛否両論の声が飛び交い、キューブは自身のツイッター上で、それらへの反論を投稿することとなった。 「力を合わせた? 嘘の見出しを押しつけるのはやめろ」 「(過去に「俺がトランプみたいなマザーファッカーを支持することはない! 絶対に!!!」と投稿したことについて)俺は誰も支持しちゃいない」  また、「ワシントン・ポスト」は「アイス・キューブはトランプを逮捕するようラップした。今度は大統領に政策についてアドバイスをしている」という記事を発表。これに対してもキューブは、「アメリカ黒人を助け、大きな貧富の差を埋める力を持っているなら、誰にだってアドバイスする」と引用RTをしている。
次のページ
キューブが訴えるアメリカ黒人の重要性
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right