イラつかれるだけの上司の指示の特徴。モチベーションにもタイプがあることを知るべし!

6分の5に抵抗感を与えるリスクも

 スキルを発揮しないで思いつくままに話してしまうと、誰しも自分のモチベーションファクターに沿った伝達や指示や助言になってしまうものだ。  ビジネスパーソンのモチベーションファクターは6つに分布されているので、自分のモチベーションファクターに沿った言い方が合致するのは、6分の1だと言える。6分の5にあたる、大多数の相手には抵抗感を与えかねない。  そこで、自分のモチベーションファクターに沿った言い方ではなく、相手のモチベーションファクターの内容やフレーズを組み込んで指示したり、助言すれば、相手のモチベーションファクターの琴線にふれた話になり、格段に相手の腹落ち度合が高まり、相手を巻き込むことができる。  上司と部下のコミュニケーションギャップも、シニアと若手の断絶も、統合した組織や会社の対立も、ひいては夫婦の性格の不一致も、つきつめれば、モチベーションファクターのギャップと、相手のモチベーションファクターをふまえたコミュニケーションができないことに行き着くのだ。

モチベーションファクターを分類してみよう

 質問:人にはそれぞれモチベーションの高まりやすさの違いがあるのか  ポジティブなことを思い出したり共感し合ったりすると、モチベーションが高まることがわかりました。ネガティブ表現をつい使ってしまいそうになるときに、意味を変えないでポジティブ表現に切り替えていけば、日常的にモチベーションを高めることが習慣化できることもわかります。  しかし、人にはそれぞれ、モチベーションの高まりやすさの違いがあるのではないでしょうか?  回答:モチベーションファクターに分類できる  以下の2志向、6要素に、日本のビジネスパーソンのモチベーションファクターを分類することができます。 モチベーションファクターの志向と要素  牽引志向調和志向は、肉食系草食系狩猟型農耕型とも言われています。私は中国でもプログラムを実施していますが、狼型と羊型というと、中国人ビジネスパーソンにイメージを持ってもらいやすい概念です。名称は何であれ、人にはそれぞれ、モチベーションが高まりやすい要素があるのです。 【山口博[連載コラム・分解スキル・反復演習が人生を変える]第208回】 <取材・文/山口博>
(やまぐち・ひろし) モチベーションファクター株式会社代表取締役。国内外企業の人材開発・人事部長歴任後、PwC/KPMGコンサルティング各ディレクターを経て、現職。近著に『チームを動かすファシリテーションのドリル』(扶桑社新書)、『クライアントを惹き付けるモチベーションファクター・トレーニング』(きんざい)、『99%の人が気づいていないビジネス力アップの基本100』(講談社+α新書)、『ビジネススキル急上昇日めくりドリル』(扶桑社)がある
1
2
ひとつの質問で合意形成できる! ビジネススキル急上昇 日めくりドリル

ひとつの質問で、合意形成できる! 1日1問で確実にデキるようになる! 年間100社・5000人、20年以上実践してきた能力開発プログラム

PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right