「ステロイド注射で筋肉増強」を謳うクリニックは倫理的に大丈夫なのか?

「いい体」に憧れるのはいいが……

Elias Sch. via Pixabay

フィットネスクラブの広告のようなクリニックの広告

 ここ最近、InstagramやFacebookなどを中心に驚くような広告を頻繁に見かけるようになった。  それは、だらしない体型の中年男性の写真と、見違えるようにたくましくなった同じ男性のBefore/After写真を使った広告だ。ダイエットに特化した某パーソナルジムチェーンの広告ではない。メンズ専用のエステチェーンの広告でもない。  実はこれ、「男性ホルモン(テストステロン)補充療法」を利用して「筋肉増強」を謳うクリニックのもの。  男性ホルモンを注射して筋肉増強? いや、それってどう考えてもドーピングでは……。  その広告を見てみると、施術名は「男性ホルモン補充療法」で、コースが「筋肉増強コース」とあり、治療内容としては「サスタノン」及び「デカデュラボリン」注射を3ヶ月間投与するというものらしい。料金は約20万円(*コース名は実際のものと変えています)  「デカデュラボリン」とは、ドーピングの代名詞とも言える筋肉増強剤の製品名で、いわゆる一般人が思い浮かべる「ステロイド」(アナボリックステロイド)である。その主成分であるナンドロロン(19-ノルアンドロステロン)はWADA(世界ドーピング禁止機構)の禁止薬物リストに明記されている。  「サスタノン」も同様で、4種類のテストステロンを含有したアンドロゲンおよび同化ステロイド薬で、とあるサイトの説明によれば「ロシアのエリートアスリートによって約40年間使用されてきた成分を配合」しているという。  同クリニックのサイトには、一応、副作用として「にきび、体毛増毛、薄毛、多血症、肝機能低下、女性化乳房など」とは書かれている。ちゃんと書いてあるだけマシだが、これらの副作用は、昔からよく言われる「アナボリック・ステロイドの副作用」定番コースである。  アスリートならばまずアウトになるこの施術。クリニックのサイトにも「プロ・アマ問わずスポーツ選手の治療をお引き受けできません」「当院はアンチ・ドーピングを推進しています」と書いてはいるものの、一般人相手だからといって「筋肉増強コース」などとフィットネスクラブのキャッチコピーのような手軽さで宣伝してもいいものなのだろうか……。

「テストステロン補充療法」とは? そしてそのリスク

 まず、テストステロン補充療法というものは何なのか? 太融寺町谷口医院の院長である谷口恭医師は次のように説明する。 「テストステロンとは男性ホルモンの主成分で、一言で言えば『男らしさを維持するホルモン』です。加齢に伴いテストステロンが少なくなると、性機能障害(ED)、気分障害(抑うつ状態)、認知機能の低下、筋肉量の減少、内臓脂肪の増加、メタボリック症候群のリスク上昇、骨密度の減少などが生じます。  テストステロン補充療法は注射もしくは外用薬で加齢と共に減少したテストステロンを補う治療法です。ちょうど女性の更年期障害でおこなうホルモン補充療法(エストロゲン補充療法)と似ています」  男性更年期や男性ホルモン減少によるうつ病治療の一環として行われることもあるものだ。しかし、深刻な病気に対する治療行為としてならばともかく、「いい体になりたい!」程度の目的で行うにはリスクが高すぎるという。 「確かにアメリカでも『中高齢の男性を”元気”にする。気分が晴れやかになり、勃起力も回復する!』などと喧伝され、一時期”ブーム”になりましたが、すでに過ぎ去っています。というのも、2014年にFDA(米食品医薬品局)が、その危険性について警告を発表したからです(参照:FDA)。『テストステロン補充療法により、脳卒中、心臓発作、および死亡のリスクが30%増加する』という結果がでた研究を引き合いに出して注意を促しているのです。また、深部静脈血栓症のリスクになるという報告もあります(参照:JAMA)」
次のページ
説明されないリスク。野放図状態の日本
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right