結婚制度反対論者のわたしが同性婚を支持する理由

同性婚 現在、全国で5件の同性婚訴訟が争われ、同性婚への注目が集まっている。わたしはこの報道に触れ、アメリカに夏季留学していたときのことを思い出した。  2016年6月26日のことだ。この日、アメリカ全土が祝福ムードに沸いた。アメリカ最高裁が同性婚を認めたのだ。当時、わたしはカリフォルニア大学バークレー校のLGBT+学生アパートに住んでいた。そのアパートでは、その時点ではヘテロセクシュアル自認だったわたしを除いて、全員がLGBT+だった。その記事を見て、わたしは隣で複雑な表情をしているレズビアンの友人に、どう思うか尋ねてみた。 「難しい問題だね……。わたしは結婚制度に反対しているから、結婚制度を拡大する同性婚には反対なんだ」  それが、わたしがはじめて結婚制度反対論に出会った瞬間だった。

なぜ結婚制度は問題か

 いまでは、わたし自身も結婚制度に反対している。  その理由は、この制度が明らかに差別的・抑圧的だからだ。現状の日本の結婚制度がという以上に、結婚制度それ自体が本質的に差別的・抑圧的だということだ。  なぜ結婚制度は差別的・抑圧的なのか。問題はふたつある。制度から排除される人々がいるということと、制度に包摂される人々を縛るということである。

結婚制度から排除される人々

「どうせみんなが結婚したら、わたしはひとりぼっちになるんでしょ?」  そう言ったのはアロマンティックの友人だった。アロマンティックとは、誰にも恋愛感情を持たないセクシュアリティのことだ。  結婚制度からの排除とは、つまり異性愛かつモノガミーのカップルを特権化・規範化しているということである。特権には、税制上の優遇から始まり、社会的ステータスまで様々なものがある。異性愛かつモノガミーのカップルになれない者は、その特権から排除されることになる。さらに、結婚は単に特権を与えるだけでなく、それだけが唯一の正しい関係性のあり方であるという規範を生み出すものでもある。それゆえ、それ以外の関係性は、価値のないものとして貶められることになる。  ここで、異性愛規範・モノガミー規範・強制的性愛をキーワードとして提示したい。  まず、現状の日本の結婚制度に異性愛規範が深く埋め込まれていることは疑いないだろう。一部の自治体で同性パートナーシップ制度が導入されはじめてはいるものの、いまだ日本では同性婚は実現していない。これはよりよい結婚制度のために最低限必要であるにも関わらず、実施されていない現実があるのである。  次に、モノガミー規範を見ていこう。この規範は、ポリアモリーという複数のパートナーと関係を持つ在り方を否定している。複婚という考え方もあり、オランダでは3人で市民同盟を結んだ例もある(※1)。ただ、これがもはや結婚といえるのかどうかは疑問になってくる。  さらに、より根本的なのは、強制的性愛だ。そもそも、性愛を持つことが前提とされていること自体に問題があるのである。ここで排除されているのは、主にアセクシュアル・アロマンティックというセクシュアリティを持つ人々である。  アセクシュアルとは、誰にも性的欲求や恋愛感情を持たないことである。たとえ同性婚や複婚が認められたとしても、それは性的欲求や恋愛感情を持つ人々への優遇は残存するのである。ここに来て、結婚制度の限界が露呈する。どれほど結婚制度を拡大したとしても、性と愛を結び付けて、それを最も大切な人間関係とする時点で、アセクシュアル・アロマンティックの人々に対する排除は残るのである。 (※1)イスラーム法では一夫多妻が認められているが、これはポリアモリーとは少し違った問題と考える。
次のページ
結婚制度に縛られる人々
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right