森友改ざんを追及する赤木雅子さんの新たな面を、写真誌『フライデー』が引き出した

「妻のお前も組織の中にいるんだぞ」という職場の人間からの圧迫感

フライデー編集部にて 夫の職場の人間に感じた圧迫感も、うまく記事にしてくれた。 「夫が亡くなって財務局の方がウチに来られた時、『妻のお前も組織の中にいるんだぞ』っていう空気を感じて、息苦しかった」  こういう言葉は、一般紙では話しても使われなかったという。そして『フライデー』が写真誌としてこだわったのは、俊夫さんが命を絶つ時に使ったオーディオコードの写真だ。共著書の『私は真実が知りたい』冒頭にある序章の扉で使われている。だが写真誌としては、他の媒体に出たものとは違う写真にしたいものだ。編集者が私に尋ねてきた。 「あのコードの写真、別カット(別の撮り方をした写真)はありませんか?」  あった。雅子さん本人がコードを指差している姿が写り込んでいる写真だ。どこにもまだ出していない。でも、かなり生々しい。私は雅子さんに写真を見せながら尋ねた。 「この写真、『フライデー』に出してもかまいませんか?」  すると雅子さんはこう答えた。 「はい、出してください。この本を知ってもらうためだったら、私はかまいませんから」

普段は袋とじを撮っているカメラマンが赤木雅子さんを激写

専属カメラマンに撮影される赤木雅子さん

専属カメラマンに撮影される赤木雅子さん

 編集者のインタビュー取材が終わると、いよいよカメラマンによる撮影だ。写真誌が一番力を入れるところだろう。カメラマンが写真を撮りながら盛んに雅子さんに注文を出す。 「こちらを向いて。ちょっと向きすぎ、もうちょっとこちらに。はい、いいですねえ。もうちょっと体をねじって。スマホの画面に俊夫さんの画像を出していただけますか? それをこのあたりに掲げて。はい、そうです。ちょうどこのあたりに雑誌の折り目の線が来ますから、もうすこしこちらに寄ってください」  こんな感じで矢継ぎ早に注文を出すのだが、雅子さんは気分良さげに応じていた。私は横にいた編集者に尋ねた。 「あのカメラマンは『フライデー』専属の方ですか?」 「はい、うちの専属カメラマンです」 「ということは、ふだんは袋とじの撮影をしていると……」 「はい、もう数え切れないくらいの撮影をしています」  撮影が終わった後、雅子さんに聞いてみた。 「撮影どうでしたか? えらくいろんな注文が出ていましたけど」 「いや、確かにそうでしたけど、なんか気分良く撮ってもらえましたよ」  さすが『フライデー』専属カメラマン。女性をいい気分にさせて、いい表情を引き出すことにたけている。もっとも雅子さんの顔は出せないので、表情が写真でわからないのが残念だが、間違いなくいい表情をしていた。
次のページ
夫が亡くなった直後に迷惑をかけてきた雑誌にお世話になるとは……
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right