迷惑系YouTuber「へずまりゅう」のコロナ感染騒動に巻き込まれた僕の身に起きたこと

都知事選の立花孝志候補の応援に立つへずまりゅう

都知事選の立花孝志候補の応援に立つへずまりゅう

 山口県内各地を巡った後に新型コロナウイルスの感染が明らかになったユーチューバー「へずまりゅう」の騒動はすでに各所で報じられており、ご存知の方も多いと思う。  そして、筆者はその「騒動」に巻き込まれた一人である。なぜ筆者が彼と「濃厚接触」したのか? その結果、どのような厄介事に巻き込まれたのか? それらを書いていきたいと思う。

迷惑系YouTuber「へずまりゅう」とは何者か?

 この記事を見て頂く前にまず知って頂きたいのが、へずまりゅうこと原田将大(29歳)(以下へずま)という人物がいったいどういう人物なのかということだ。  彼はYouTubeで再生回数を得て人気を獲得するユーチューバーをやっている。活動の中で、売名をするために有名なユーチューバーを狙って凸撃し、コーラにメントスを入れて嫌がらせをするということをやっていた。いわゆる「迷惑系ユーチューバー」だ。  では、そんな彼を何故辺野古新基地建設をはじめとする沖縄県内の政治状況や全国各地の国政選挙や地方自治体選挙を取材している僕がへずまりゅうを取材したのかというと……。  火災で消失してしまった沖縄の観光名所である首里城の復興を願った寄せ書きに対し、落書きするという暴挙を犯したからである(この暴挙の時、へずまに同行し、笑いながら落書きする様子を撮影していたのは沖縄県在住の迷惑系配信者)その事は全国ニュースにもなった。  沖縄県民をはじめとする全国各地の首里城に思いを寄せる方を侮辱した事について、本人への事実確認と何故やったのかを取材するためであった。  そして取材後に彼が新型コロナウイルスに感染していたことが明らかになり、取材をした自分は濃厚接触者になるので新型コロナウイルスに感染している恐れもあるのでPCR検査を受けざるを得なくなった……というわけだ。

迷惑系ユーチューバーへずまりゅうとの濃厚接触

都知事選の立花孝志候補の応援に立つへずまりゅう

都知事選の立花孝志候補の応援に立つへずまりゅう

 6月29日。この日僕は東京都知事選挙の取材を行なっており、その時に偶然にもへずまが、ホリエモン新党(NHKから国民を守る党)の立花孝志の応援演説に来るという事で、急遽新橋のSL広場前に駆けつけたのだった。  街宣模様はあまりにも酷く、今までいろんな街頭演説を取材してきたがこれほどまでに騒音に近いような街頭演説は今までになかったといえるシロモノ。  その中でへずまは、首里城の寄せ書きに対してもヘラヘラとごめんねと言葉で謝り態度では謝らないというような感じで振る舞い続け、以前彼が某ユーチューバーに対し暴行を加え逮捕された件に関しても、立花候補と「ここに立っているメンバーは犯罪者予備軍ですよ」などとふざけていた。  そうこうしている内に街頭演説も終わり、僕はへずまに取材を行うため、彼が街宣カーから降りてくるのを待ち取材を開始した、首里城の落書きに関しては沖縄の新聞が首里城側に取材しているのと大きく食い違いがあり、この件に関してはこれから明らかになってくるであろう。  そんな感じで、迷惑系ユーチューバーへずまりゅうへの取材は終了した。これから起こる騒動に巻き込まれることも知らずに……。
次のページ
寝耳に水だった「へずまりゅうコロナ感染」
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right