真夏のマスク着用、約8割が「暑さが気になる」と回答。快適に過ごすための対策は?

マスク マンダムは7月上旬、「夏のマスク着用についての意識調査の結果」を発表した。マスクは風邪やインフルエンザが流行する冬に着用することが多いが、今年は新型コロナウイルスへの感染予防を目的に気温が高くなっても着用する人が多いのではないだろうか。  調査結果でも、「暑い時期でも外出時にマスクを着用する予定」と答えた人が88.1%に上っている。しかし夏場のマスク着用には「暑さ」という問題が生じる。快適にマスクを着用するにはどうすれば良いのか。

「普段よりもストレスを感じそう」と心配

 調査は今年6月に実施。15歳〜59歳の男女を対象とし、437人から回答を得た。「暑い時期にもマスクを着用する予定」と答えた人に着用頻度を聞くと、「毎回着用すると思う」(75.4%)が最も多かった。  「マスク着用時に気になることがあるか」を身体面、気持ちの面の双方で聞いたところ、身体面では「暑さ」(78.4%)と「息苦しさ」(72.7%)が群を抜いて高い。3位以降には「顔の蒸れ」(51.7%)や「マスクの中の汗」(47.5%)が続いており、暑さを原因とした不快感を気にする人が目立つ。  気持ちの面での最多回答は「普段よりストレスを感じそう」(60.5%)で、「普段よりもやる気が出なさそう」(30.9%)が続いた。夏場に高頻度でマスクを着けることでストレスが生じ、日常生活に支障をきたしそうだ。

「暑さ対策はできないと諦めている」人も

 快適なマスク着用の鍵は、暑さ対策にありそうだ。しかし「暑い時期にマスクを着用する際の暑さ対策をしている、または対策を検討していますか」を聞いたところ、「はい」(50.6%)と「いいえ」(49.4%)はほぼ同率。暑さ対策をする人としない人が二分した。  「対策をしない、対策を検討していない」と答えた人に理由を尋ねると「対策はしたいが方法がわからない」(56.3%)のほか、「暑さ対策はできないと諦めている」(21.6%)との回答が挙がった。  調査対象者全員に「マスク着用時の暑さ対策があるなら知りたい、 やってみたいと思いますか」を聞くと、「はい」(87.9%)の回答が圧倒的に多く、関心の強さがうかがえる。
次のページ
皮膚にある冷感センサーを刺激する
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right